体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クッキー食べて猫支援。店舗限定オシャレ猫クッキー発売!

早いもので3月ですね。2月は写真の『じゅじゅ』が館を卒業していきました。お店の前で交通事故に遭い、骨盤骨折で大手術を受けての入居でしたが、家族が見つかりました。よかったね、じゅじゅちゃん。

さて、そんな2月。猫の館MEではバレンタインデー前に、館の猫スタッフたちの写真を使ったチロルチョコを販売したところ、あっという間に完売しました。

これは一番人気だったコンプリートパック。時期が時期だったこともあり、お客様はお気に入り猫スタッフ達に因んだグッズや商品を買って、私たちの活動を助けたいと思ってくださっているということが、とてもよーくわかりました。

これまでも、キングになり切れない大きな黒猫『ネロ』くんがモデルのコースターや

重役スタッフ・何もしま専務『クロー』ちゃんがモデルのクッションなど、いくつかオリジナル商品を発売しています(手前のサビ猫さんは『なつめ』ちゃん)。

「今度はどんにゃものがいいかニャあ・・・」(なつめ)

なつめちゃんと一緒に人スタッフたちが一生懸命考えて、今月はホワイトデーのギフトにも自分へのご褒美にもピッタリな新アイテムを発売しました!

じゃーん!館の猫スタッフたちがアンティークなデザインで登場する、おしゃれなラベルのチャリティクッキーです。

いろんな種類のクッキーがあるので、お好みのクッキーで選ぶもよし、お気に入りの猫スタッフのラベルで決めるのもよし。どれにしようか迷っているお客様の姿を見ていると、皆さんワクワクしているのが伝わってきます。

そうやって選んだチャリティクッキーをお会計に持参される時も、笑顔にあふれています。そのスマイルが私たちのことも幸せにしてくれるのです。しかもこのクッキーをお買い上げいただくことで保護活動のサポートにつながります。

クッキー1袋で、館の猫1頭のごはん5日分
2袋だと、10日分
5袋だと約ひと月分

ラベルには「クッキーを食べて猫支援」という意味の英語が描かれています。
このクッキーは私たちのオンラインショップでは販売せず、店頭のみの販売となりますので、ぜひ猫の館MEにお買い物に来て、直接お求めください。皆様のご来館をお待ちしております!

 

著者:猫の館ME 小倉則子
>このコラムニストの過去記事

にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。