体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

次期モデルは原点回帰なるか? スバル WRXの将来を占う

▲次期WRXにも、エアスクープや大型スポイラーといった、お約束のアイテムが用いられるだろう。新世代プラットフォームの採用に伴って車体剛性が上がり、運動性能にも磨きがかかるだろう。MTモデルにも、FA20型エンジンを搭載

▲次期WRXにも、エアスクープや大型スポイラーといった、お約束のアイテムが用いられるだろう。新世代プラットフォームの採用に伴って車体剛性が上がり、運動性能にも磨きがかかるだろう。MTモデルにも、FA20型エンジンを搭載

後回しにされているスポーツモデル

世界的なSUVブームに合わせ、スバルはXVの一新に続いて、海外マーケットをにらんだ3列シート車のアセントをリリースした。

フォレスターの世代交代も控えているが、やっぱり気になるのは、スポーツ4ドアのWRXだ。その行く先を占ってみよう。

2016年にフルモデルチェンジをしたインプレッサを皮切りに、新世代プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」採用車が次々に登場しているスバルだが、スポーツ系モデルがやや後回しになっている感も否めない。

ラインナップの中で「走りのフラッグシップ」と呼ばれているWRXだが、STI、S4ともに世界のライバルに対して「帯に短し襷に長し」といった状態である。

STIは、2017年の大幅改良で、AWDシステムやサスペンションの手直しによって、フットワークが進化したが、パワートレインは昭和の香りが残る古典的なEJ20型ターボを継続採用。このユニットは、もはや限界にきている。

一方、S4は新時代のスポーツセダンとのコンセプトに基づき、フットワークは街乗りからスポーツ走行までを高次元でカバー。

パワートレインには、新世代ボクサーのFA20型DIT(直噴ターボ)が搭載されているが、組み合わされているトランスミッションは、CVTのリニアトロニックのみ。

CVT特有の悪しきラバーバンドフィールが極力抑えられている部分は評価できるが、サーキット走行では、熱問題が発生するなど、WRXの名を冠しているにも関わらず情けない。

▲インプレッサから独立し、レヴォーグとコンポーネントを共用して、2014年に発売された現行WRX。ボディ形状は4ドアセダンのみで、より幅広いユーザーにマッチするモデルとして、2ペダルのS4が加わった

▲インプレッサから独立し、レヴォーグとコンポーネントを共用して、2014年に発売された現行WRX。ボディ形状は4ドアセダンのみで、より幅広いユーザーにマッチするモデルとして、2ペダルのS4が加わった

次期型はヴィジヴパフォーマンスコンセプトがモチーフ

現在、スバルのエンジニアはそんな鬱憤を晴らすかのように、次期WRXの開発を進めている。エクステリアは、2017年の東京モーターショーおよび、2018年の東京オートサロンでお披露目された、ヴィジヴパフォーマンスコンセプトがモチーフだ。

アグレッシヴなフロントまわり、ボンネットフードのエアスクープ、筋肉質なブリスターフェンダーと大胆な形状のホイールアーチ、クーペのようなルーフラインが特徴に挙げられる。

現行モデルのデザインは、ポジティブに表現すれば「洗練」、悪く言うと「普通の車」になってしまった反省があるようで、次期モデルは、原点回帰することで、より攻めたスタイルに生まれ変わるようだ。

パワートレインには、FA20型DITの高出力版が搭載される見込みだ。とはいっても単純に出力とトルクを引き上げたエンジンではなく、かつてのEJ20型ターボがそうであったように、モータースポーツユースまで許容するユニットとして、1から新設計。

組み合わされるトランスミッションは、6速MTとイージードライブが楽しめる2ペダル仕様の2種類。後者に関してはCVTから多段ATに変更されるだろう。

AWDシステムは、フル電子制御式の新DCCD付AWDを踏襲。2ペダル仕様は、VTD-AWDと変更はないものの、高出力化に伴って、次世代版へと進化することは間違いないだろう。

また、現行のMT車はEyeSight未対応だが、次期WRXではしっかりと対応する。

現在、スバルのメインストリームは、クロスオーバーSUVにシフトしていて、スポーツ系モデルの先行きが不安視されているが、どうやら杞憂に終わりそうだ。

▲こちらがモチーフとなったヴィジヴパフォーマンスコンセプト。東京モーターショー2017ではブース中央に展示されていた(撮影:カーセンサー編集部)

▲こちらがモチーフとなったヴィジヴパフォーマンスコンセプト。東京モーターショー2017ではブース中央に展示されていた(撮影:カーセンサー編集部)

※2018年3月8日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

【SPECIFICATIONS】

■予想発表時期:2019年

■全長×全幅×全高:4650×1830×1450(mm)

■搭載エンジン:2L 水平対向4+ターボtext/マガジンX編集部

photo/マガジンX編集部、スバル

関連記事リンク(外部サイト)

「女性には嫌われる。でも、それが美学」。テリー伊藤をも悩ませる異端児 アルファロメオ SZ
バカらしいほど愛情とコストかけられすぎな三菱 パジェロは恐るべし本格クロカンだ!!
次期トヨタ MIRAIが後輪駆動に生まれ変わる

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。