体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

14歳の少女が開発した「奇跡」のアプリ

14歳の少女が開発した「奇跡」のアプリ

これから紹介するアプリの開発者、Emma Yangさんのおばあちゃんは、彼女が7歳の頃にアルツハイマー病を患い、少しずつ様々なことを思い出せなくなっていきました。

そんなおばあさんを見ていたEmmaさんは、14歳になると、このような思いを強く抱くようになりました。

「少しでも長く、おばあちゃんに私たち家族のことを覚えていて欲しい」

そうして彼女が自分のなかで出した答えは、「アプリを開発すること」でした。

「おばあちゃんをサポートしたい」
が最大のモチベーションに

14歳の少女が開発した「奇跡」のアプリ14歳の少女が開発した「奇跡」のアプリ

Emmaさんのおばあちゃんは、忘れないようにと、日々たくさんのことをホワイトボードにメモしていたそうです。そんなおばあちゃんに、家族もタブレットを通して頻繁に写真を送るなどして、コミュニケーションをとっていたということです。

しかし、努力とは裏腹に、病は進行していったといいます。Emmaさんは、その様子を見て、アルツハイマー病を患う人たちが毎日の出来事を書き留めることができ、周囲の人たちを認識できるアプリをつくれないかと思い始めたのです。

しかも、他の誰かに頼ることなく、プログラミングも自分でおこないました。知識はまったくない状態だったにもかかわらずです。

こうしてできたのが、「Timeless」でした。14歳の少女が開発した「奇跡」のアプリ

「Timeless」には、主に4つの機能が搭載されています。

1つ目は、患者が家族や友人とリアルタイムで、写真やメッセージのやりとりができる機能。患者側には、メッセージの送信者、そして自分とどのような関係なのかを常に表示されるようになっているのです。14歳の少女が開発した「奇跡」のアプリ 2つ目は、カレンダー機能。今日の日付や曜日、予定などを確認することができます。14歳の少女が開発した「奇跡」のアプリ 3つ目は、患者にとって近しい人たちの連絡先を登録する機能。相手の顔や関係性を入力することで、大切な人の連絡先がわからなくなることを防ぎます。14歳の少女が開発した「奇跡」のアプリ

4つ目は、認識機能です。

例えば、目の前にいる人が誰なのかがわからなくなってしまった時、アプリのカメラモードを使ってその人を撮影すると、あらかじめ登録されていた名前とその人との関係性が表示されるようになっているのです。14歳の少女が開発した「奇跡」のアプリ

「Timeless」は現在、「Indiegogo」で資金調達中。50ドル(約5,300円)から出資することができます。気になる人はこちらを確認してみてください。

大切な人が自分を忘れていく──

アルツハイマー病にはこのようなイメージがつきまとっていますが、このような悲しい出来事を阻止できるとしたら、このアプリを奇跡と呼んでもいいのかもしれません。一昔前には決して叶わなかったことを、可能にするのですから。 【TABI LABOのsarahahができました◎】 ・TABI LABOでこんな記事が読みたい
・こういう記事が好き
・何か聞きたいこと、伝えたいこと などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ!Licensed material used with permission by Emma Yang

関連記事リンク(外部サイト)

逆転の発想で、寝不足を改善するアプリ。
ゲームをしながら、その土地の歴史を学ぶ「新たな観光のあり方」
ARで自宅にアーティストを招く音楽アプリ。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。