体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

環境変化が超苦手な発達「グレーゾーン」4歳長女の転園。慣らし体験は“赤ちゃんズ”とともに… by肉子

お久しぶりです、肉子です。

以前に自律神経を病んだことをコラムに書きましたが、去年の秋もまた気圧変化の影響にて以下略で休載をいただいておりました。 ママ、園児、保育士の面前で漫画の病みキャラのごとく泣き笑い!黒歴史を作った原因が〇〇のせいだとは…。by肉子

秋はすっかり泣き笑いの季節。自律神経につける薬をくださーい。

今回から復活しますので、よろしくお願いします!

さて、休載していた間にアパートから戸建に引っ越ししました。

4歳の娘と2歳の息子がいるのですが、問題は保育園の転園です。

赤ちゃんの時から預かってもらっている保育園で、保育士さんたち全員の名前も言えるし仲良しのお友達もいる環境を変えることがとても不安でした。

いや、たぶん2歳なりたての息子はまだ赤ちゃんみたいなものだし環境が変わっても大丈夫だと思うんですよ…

問題は、年少の娘です。

実は発達グレーゾーンで「環境の変化」がすご~く苦手な子です。

・場所見知りが凄い

・自宅以外のトイレで用足しできない(かも)

・いままで送迎はマイカーだったので、転園先の保育園バスに乗れない(かも)

パッと思いつく大きな不安はこんな感じです。

とにかく場所見知りに起因することばかりなのですが、言葉の発達も凹なので言い聞かせたりするのも困難です。

場所見知りの解決方法は、いまのところ娘本人がロケハン(※場所の下調べ)して「ここは安全な場所」と認識するしかありません。

転園先の保育園に相談したところ、こんな提案をされました。

f:id:akasuguedi:20180219212012j:plain

うっ…う~~ん…。

1~2歳児対象の教室に、4歳が混じるって…親としてはビミョー過ぎる心境。

ですがこれ以外に方法がないのも事実です。

転園1か月前ぐらいから、週1で体験教室に通わせてもらいました。

最初こそ、教室に入ることもできなかった娘ですが2回目からはケロッとして参加していました。

f:id:akasuguedi:20180219212038j:plain

その成果があってか(?)転園初日からは荒れることなく普通に1日を教室で過ごすことができました。

よ゛がっだー!!

いつかのようにひっくり返ってギャン泣きしてたら、また心折れるところだったわー!!

f:id:akasuguedi:20180219212057j:plain

息子のコミュ力の高さには、いつも助けられてます。

安心感あるがゆえに娘ほど手をかけられていないことに罪悪感もあり…いつか反動が来るんじゃないかとドキドキしています。

転園した時点で解決していない問題の残りは、トイレとバスです。

以前の保育園では、オムツが取れた後もトイレに入れず、登園して4時に自宅へ帰るまでずーーーっとガマンしていたぐらいです。体に悪いぞ…

保育士さんに、トイレという場所に慣れるところから訓練してもらい、結局保育園のトイレで用足しができるようになるまで3か月ぐらいかかったのです。

保育士さんいわく「たまにそういう子はいる」とのことですが、ウチの娘が最長記録とのことで誠に申し訳ない。

まさか、新しい保育園でもそれをやるのか!?……保育士さんが。

娘、がんばれ… (丸投げ)

続きはまた後編でお話します。 関連記事:トイレトレーニングがうまくいかずイライラ。オムツがとれないまま幼稚園に入園して…

f:id:akasuguedi:20160824105206j:plain

著者:肉子

年齢:37歳

子どもの年齢:4歳・2歳

100人婚活地獄から這い上がり30歳で結婚。健康には自信マンマン・産む気マンマンなのに不妊でずっこける。成果が実り、現在は2児の母。

ブログ:ヲタ腐ダイアリ

既刊:「100回お見合いしたヲタ女子の婚活記」全2巻

:「100回お見合いしたヲタ女子の出産記」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

現在9ヶ月!毎月更新されていく“できること”を楽しんでいます
「私一人で悩まなくても大丈夫なんだ」強い安心感をもらえた、言語聴覚士さんとの初面談 by ユーラシア
発語が遅めの末っ子。1歳5ヶ月の健康相談で言葉の遅れを指摘され…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。