体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【箱根】春のおすすめデートスポット20選!カップルでお出かけしたいスポットまとめ

芦ノ湖の東岸に約66万平方mの敷地をもつ大公園。水族館・シアター・テニスコート・ゴルフ場などの諸施設のほか、キャンピングコテージ、ホテル、旅館などの宿泊施設もある。さらに、モーターボートの基地、駒ケ岳山頂とふもとを結ぶロープウェーもあり、箱根のレジャーの中心地となっている。

\口コミ ピックアップ/

園内には水族館やミニ動物園と、駒ヶ岳へのロープウェーがあり、一日楽しめます。今回は駒ヶ岳をメインで訪れましたが、ついでに立ち寄った水族館と動物園の小さな動物たちに癒されました。芝生の広場もあり、芦ノ湖を眺めながらのんびりできる他、食事やお土産のお店もありおススメのスポットです。

(行った時期:2017年4月)

動物と触れ合える施設は、外から見た感じではそんなに大きくないので見ごたえがないかな?と思いつつ試しに入ってみたら予想以上に色々な動物がいて楽しかったです。水族館では、バイカルアザラシのショーが可愛くて癒やされました。

(行った時期:2017年5月2日) 箱根園

住所/神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139

「箱根園」の詳細はこちら

九頭龍神社

九頭龍神社出典:じゃらん 観光ガイド 九頭龍神社

湖中に小さな朱の鳥居が立つ。毎月13日、送迎船が元箱根から出航。

\口コミ ピックアップ/

箱根神社参拝の後に九頭龍神社にも参拝しました。赤い鳥居が素敵です。小さな神社ですがすごくパワーを感じました。海外の方も多かったです。

(行った時期:2017年4月) 九頭龍神社

住所/神奈川県足柄下郡箱根町元箱根

「九頭龍神社」の詳細はこちら

箱根ラリック美術館

箱根ラリック美術館出典:じゃらん 観光ガイド 箱根ラリック美術館

ルネ・ラリックの生涯にわたるコレクションを展示

\口コミ ピックアップ/

ガラス工芸作家ルネ・ラリックのコレクションが展示されています。美術館も良かったですが、自然豊かなガーデンと、お洒落な雑貨のショップがあり楽しめました。

(行った時期:2017年4月)

ラリックが制作したガラスパネルが飾られた豪華列車オリエント急行車内でお茶とデザートがいただけます。

列車好きにはたまらないスポットで、装飾品や現役時代から使っているソファやカーペットを見てテンション上がりまくりです。

1時間ごとの予約制で中々のお値段ですがオススメです。

(行った時期:2017年4月19日) 箱根ラリック美術館

住所/神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186-1

「箱根ラリック美術館」の詳細はこちら

箱根駅伝ミュージアム

箱根駅伝ミュージアム出典:じゃらん 観光ガイド 箱根駅伝ミュージアム

各大会の名シーンを記録した貴重な写真、往年の名選手が愛用した品々を展示し、箱根駅伝80年の歴史を映像で楽しめるミュージアムシアターもある。

\口コミ ピックアップ/

箱根に行ったら寄ってみたかった駅伝ミュージアム。箱根駅伝の始まりから、現在までの歴史を知ることができます。グッズも販売していて駅伝ファンにはたまりませんね。

(行った時期:2017年4月)

毎年開催される『箱根駅伝』のミュージアムです。ミュージアムの入口には、箱根駅伝出場校の大学のぼりの旗が並んでいて、箱根駅伝を彷彿させます。

前のページ 1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。