体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現役女子大生インスタ・フォトグラファーのarerennnさんに聞く、学生時代の思い出を切りとる、素敵な写真の撮り方

現役女子大生インスタ・フォトグラファーのarerennnさんに聞く、学生時代の思い出を切りとる、素敵な写真の撮り方 インスタ フォトグラファー インスタ フォトグラファー

学生の間でSNSに写真をアップするのが日常になりつつある中、スマートフォンやデジタルカメラではなく、あえて祖父の形見のオールドカメラでフィルム撮影にこだわる、インスタ・フォトグラファーがいます。都内の大学に通う21歳のarerennn

(https://www.instagram.com/arerennn)さんです。

そんな彼女と、都内の公園でプチ撮影会を実施。自身も現役女子大生の彼女に、素敵な写真を残したい学生にむけて、学生生活の思い出を彩る写真撮影のコツを聞きました。

 

Instagramを通じて“依頼撮影”も経験

インスタ フォトグラファー女子大生ダンサーを撮影するarerennnさん。時には、地面に腹ばいになって撮ることも

————写真を始めたのいつですか?

本格的に始めたのは、高校2年生の時です。きっかけは、自分でリクエストをして、両親にデジタル一眼レフカメラを買ってもらったこと。その頃から、友人や景色を中心に撮影しています。

————Instagramを始めたきっかけは?

撮影した写真をたくさんの人に見てもらいたいと思い、高校3年生の時に始めました。当時の投稿は、教室で撮影した友人の写真や、景色の写真が中心。大学に入学した頃、知人から「Instagramで被写体を募集して、撮ってみたら?」とすすめられ、それ以降は、友人以外の人物写真も撮るようになりました。

撮影を依頼される方は社会人の女性が中心で、「今の自分をキレイに撮ってほしい」とリクエストされることが多いですね。平日は大学があるので、土曜日か日曜日のどらかを撮影日にあてています。この3年でかなり、依頼撮影の経験も積めました。撮影:arerennn

 

撮影のコツ1)写真が苦手な人は、グリッド機能を使ってみて

インスタ フォトグラファー「ローライフレックス」の中盤カメラもおじいさまの形見…ではなく、「新宿の中古カメラ店で購入しました(笑)」とarerennnさん

———arerennnさんはフィルムカメラを愛用されていますが、大抵の学生は、スマホで写真を撮っていると思います。スマホ撮影時のアドバイスはありますか?

スマホの機能“グリッド線”を活用することをおすすめします。画面を3分割するラインが出ると思うのですが、線の交わるところ“交点”に、撮りたい人物やものを置くと、構図が決まりやすいと思います。

——arerennnさんのポートレートは、人物が中心にある写真が多い気がします。

そう言われると、そうかも…。被写体を魅力的に撮ろうと見つめてしまうので、自然にそうなってしまうのかもしれません(笑)。

写真は、楽しんで撮るのが一番! とは思いますが、できるだけ素敵な写真を残したい気持ちもわかります。そういう時は、先ほどのグリッド線を活用すると、写真の精度がかなり上がると思うので、試してみるといいと思いますよ。

 

撮影のコツ2)ロケーション選びは、好きなスポット&抜け感を大切に

インスタ フォトグラファー公園でおやつの時間を楽しむ親子に遭遇。赤ちゃんのかわいい姿にarerennnさんも笑顔に

———撮影のロケーション選びも上手ですね!

ありがとうございます。私は撮影する時、“抜け”ができる公園などに来て、特に人がいないところを探します。なるべく、平日に撮影するのもポイント。学生の特権ですね(笑)。

それから、好きな撮影スポットを作ることも大切です。個人的におすすめなのは、武蔵小金井の「江戸東京たてもの園」。昭和初期の銭湯や明治初期の文具店など、昭和以前の建物が復元されています。

皆さんにも学生生活の中で見つけた、お気に入りの場所がいくつかあると思います。そこに、奥行きが出る“抜け”やフォトジェニックな景観があれば、より雰囲気のある素敵な写真が撮れると思いますよ!インスタ フォトグラファー撮影:arerennn

 

撮影のコツ3)“学生っぽさ”は、セルフタイマーで演出を

インスタ フォトグラファー好きになると突き詰めるタイプと自己分析する彼女。「趣味は写真だけ。写真が本当に好きです」

——学生時代は何かと集合写真を撮る機会が多いと思いますが、コツを教えてください。

スマホ専用の三脚があるので、三脚を使って、セルフタイマーで撮影すると盛り上がると思います。10秒で設定したら、みんなで数えながら同じポーズをとろうとか、使いこなせるとすごく楽しいですよ!

ポーズの定番はかなり体力がいるけど(笑)、やっぱり、ジャンプかな? 友人やグループの空気感を大切にすると、“らしさ”が出ると思います。あとは、その場の“ノリ”で気楽に撮るのが一番です!

———ちなみに、スマホの写真加工アプリでおすすめはありますか?

写真加工アプリは本当にいろいろありますが、本格的に編集できる「Snapseed」でしょうか。例えば、夕方から夜に撮影すると人物が暗くなりますが、このアプリを使えば、顔だけ明るく加工することもできます。

他に、逆光で撮影した写真も補正できますし、背景をぼかしたりもできて、本当に自由自在です。

———スマホカメラもアプリも進化する中、なぜ、arerennnさんはフィルムカメラにこだわるのでしょうか。

カメラを始めた時はデジタルでしたが、祖父から受け継いだオールドカメラでフィルム撮影をして、その“暖かみ”に魅力を感じました。その場の空気感を、フィルムにしか出せない“味”が引き立ててくれるように感じます。

それに「今回は、どんな写真が撮れているのかな…」と、現像を待っている時間が本当に楽しくて、幸せ。これからもフィルムカメラにこだわって、撮影を続けていきたいと思っています。インスタ フォトグラファー大学卒業後はまだ未定だが、「写真がいかせる仕事に就きたい」と語る、arerennnさん

 

まとめ

おじいさまが大切にしていたものを引き継ぎ、多くの魅力的な写真を撮り続けているarerennnさん。彼女の写真には、被写体に対する友愛の気持ちやリスペクトに溢れています。それは、フィルムカメラの持ち味によるところもありますが、彼女の人柄だからこそ写し出せるのだと感じました。

arerennnさんが伝えてくれた撮影のコツを参考に、皆さんも、学生時代の思い出を楽しく切りとってくださいね!

  <撮影協力>

「宇田川カフェ Suite」

http://www.udagawacafe.com/suite

 

取材・構成・文:石上直美(verb)

撮影:森口新太郎

 

🎁アーティストのサイン入りグッズが当たる!🎁

 

関連記事リンク(外部サイト)

【憧れシゴト図鑑】 乃木坂46『インフルエンサー』などを手掛ける注目の振付師&ダンサー・Seishiroさんインタビュー
男子高生ミスターコン2016グランプリ、本田響矢さんインタビュー「夢を叶えるなら1日でも早く動くこと」
強く生きていくために大学生に伝えたい4つのこと――野々村友紀子さんインタビュー

fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。