体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現役女子大生インスタ・フォトグラファーのarerennnさんに聞く、学生時代の思い出を切りとる、素敵な写真の撮り方

現役女子大生インスタ・フォトグラファーのarerennnさんに聞く、学生時代の思い出を切りとる、素敵な写真の撮り方 インスタ フォトグラファー インスタ フォトグラファー

学生の間でSNSに写真をアップするのが日常になりつつある中、スマートフォンやデジタルカメラではなく、あえて祖父の形見のオールドカメラでフィルム撮影にこだわる、インスタ・フォトグラファーがいます。都内の大学に通う21歳のarerennn

(https://www.instagram.com/arerennn)さんです。

そんな彼女と、都内の公園でプチ撮影会を実施。自身も現役女子大生の彼女に、素敵な写真を残したい学生にむけて、学生生活の思い出を彩る写真撮影のコツを聞きました。

 

Instagramを通じて“依頼撮影”も経験

インスタ フォトグラファー女子大生ダンサーを撮影するarerennnさん。時には、地面に腹ばいになって撮ることも

————写真を始めたのいつですか?

本格的に始めたのは、高校2年生の時です。きっかけは、自分でリクエストをして、両親にデジタル一眼レフカメラを買ってもらったこと。その頃から、友人や景色を中心に撮影しています。

————Instagramを始めたきっかけは?

撮影した写真をたくさんの人に見てもらいたいと思い、高校3年生の時に始めました。当時の投稿は、教室で撮影した友人の写真や、景色の写真が中心。大学に入学した頃、知人から「Instagramで被写体を募集して、撮ってみたら?」とすすめられ、それ以降は、友人以外の人物写真も撮るようになりました。

撮影を依頼される方は社会人の女性が中心で、「今の自分をキレイに撮ってほしい」とリクエストされることが多いですね。平日は大学があるので、土曜日か日曜日のどらかを撮影日にあてています。この3年でかなり、依頼撮影の経験も積めました。撮影:arerennn

 

撮影のコツ1)写真が苦手な人は、グリッド機能を使ってみて

インスタ フォトグラファー「ローライフレックス」の中盤カメラもおじいさまの形見…ではなく、「新宿の中古カメラ店で購入しました(笑)」とarerennnさん

———arerennnさんはフィルムカメラを愛用されていますが、大抵の学生は、スマホで写真を撮っていると思います。スマホ撮影時のアドバイスはありますか?

スマホの機能“グリッド線”を活用することをおすすめします。画面を3分割するラインが出ると思うのですが、線の交わるところ“交点”に、撮りたい人物やものを置くと、構図が決まりやすいと思います。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。