体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

F-35B、遠征中の強襲揚陸艦ワスプに初着艦

F-35B、遠征中の強襲揚陸艦ワスプに初着艦

 2018年3月5日(現地時間)、佐世保を出港し、東シナ海を航行中のアメリカ海軍の強襲揚陸艦ワスプ(LHD-1)に、F-35Bが初めて着艦しました。これは実際に遠征航海に出ている艦艇にF-35Bが着艦した初のケースです。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ノーフォークでのオーバーホールを終え、定期哨戒前の評価試験のため、2018年3月3日(日本時間)に佐世保を出港したアメリカ海軍の強襲揚陸艦ワスプ。東シナ海において、海兵隊岩国航空基地を出発したVMFA-121「グリーンナイツ」のF-35Bが着艦。艦載機として搭載されました。運用試験や機種転換訓練でF-35Bが強襲揚陸艦に着艦したケースはあったものの、実際に遠征航海に出ている艦に着艦するのは初めてのこと。

 F-35Bは、強襲揚陸艦を中核とする海兵隊の遠征打撃群(ESG)における、これからの主要航空戦力です。今回の評価試験を通じて、海兵隊は効果的なF-35Bの活用法を検討し、戦力として整備していくことになります。

 「F-35Bとワスプが一体となったことは、海軍と海兵隊が共同作戦を行ってきた歴史において、非常に大きな飛躍となります。この第5世代ステルスジェット機は汎用性に富んでおり、我々の作戦遂行能力を大きく高めてくれるでしょう」と、ワスプを中核とする第7遠征打撃群(ESG7)の司令官、ブラッド・クーパー少将はF-35Bのワスプ着艦に際してコメントを発表しています。

 評価試験を終えたワスプは、ミサイル駆逐艦スタレット(DDG-104)、デューイ(DDG-105)とともに太平洋インド洋地域の定期哨戒を行う予定です。この範囲には、近年中国の進出が目立つ南シナ海が含まれており、F-35Bを得た第7遠征打撃群の能力は非常に期待されています。

 Image:U.S.Navy

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

日米合同訓練「マルチセイル2018」グアム周辺で3月8日開始
珊瑚海でアメリカの空母レキシントン発見
【レッドブル・エアレース】第3戦千葉大会が5月26・27日に開催決定

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。