体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

洋服でお米が手に入る! 古着屋「FLORIDA 下北沢店」の画期的取り組み

洋服でお米が手に入る! 古着屋「FLORIDA 下北沢店」の画期的取り組み
J-WAVEの番組「SUNRISE FUNRISE」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「SWITCH FOR 2021」。3月4日(日)のオンエアでは、古着をお米と交換してくれるお店「FLORIDA 下北沢店」に注目しました。

お店があるのは、下北沢駅北口から少し歩いたところ。「古着買取」のパネル横には、お米がズラッと並んでいます。店内は広く、アメリカの公園をイメージした空間。天井は空のように青く塗られていています。

お店の方によると、スタッフの中には洋服が大好きで、食費を削ってまで古着を買っている人も。その方が、自分が着なくなった古着を売って食費にしていると聞き、「古着を売ってお米と交換してもらえるようにしたら面白いんじゃないか」というアイデアを思いついたのだそう。

古着は、査定が終わると全額を現金に換えるか、査定額の倍額になる「コメージングチケット」への交換を選ぶことが可能。チケットはお米と交換できるほか、古着購入の“金券”としても使えます。お米は、千葉県産「ふさおとめ」というブランド米。仕入れ価格のままで提供しているため、スーパーなどで買うより圧倒的に安く購入できます。もちろん味もバッチリ。この仕組みが話題となり、最近は古着に関する取材以外に、農業に関する取材もあるとか。

今回レイチェルは、コートとワンピースを持参。1980円と査定され、倍額の3960円分の「コメージングチケット」から、約6.6キロのお米と交換することができました。レイチェルは「お米が本当においしいんです」と、嬉しそうに語りました。

自宅に使わない古着が眠っている方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SUNRISE FUNRISE」
放送日時:毎週日曜6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。