体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』、インターネットの世界へ乗り込むトレーラーが公開

映画『シュガーラッシュ・オンライン』の公式ティザー・トレーラーで、主人公のレック・イット・ラルフが新たな冒険に乗り出す。

米ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが2月28日(現地時間)に公開したトレーラーで、ジョン・C・ライリーが声を演じる主人公ラルフと、サラ・シルヴァーマンが声を演じるラルフの友人ヴァネロペ・フォン・シュウィーツは、インターネットとして知られる新たな世界を探索する。Wi-Fiルーターがアーケードに接続されると、2人はヴァネロペの登場するレース・ゲーム『シュガー・ラッシュ』を救うため、デジタル領域で代わりの部品を探しにリトワクのファミリー・ファン・センター・アンド・アーケードを出発する。

到着するやいなや、ラルフは「なんてこった!見てごらんよ」と叫ぶ。

2人は、キッズ・ゲームに乗り込んで破壊しない時には、eBay(イーベイ)の“オークション”(悲しげな子猫が描かれた黒い柔らかな絵画)に参加し、クリックベイトについて学ぶ(ポップアップ広告は、“刑務所に行った子供のスター10人です。No.6の子は驚きです”と語りかける)。

リッチ・ムーアとフィル・ジョンストンが、フィル・ジョンストンとパメラ・リボンの手掛けた脚本をもとに同作を監督した。クラーク・スペンサーがプロデュースを手掛け、タラジ・P・ヘンソン(『Yesss』というウェブサイトの起業家)が出演し、前作からジャック・マクブレイヤー(フィックス・イット・フェリックス・Jr)とジェーン・リンチ(カルホーン軍曹)も続投する。

2012年に公開された人気映画『シュガー・ラッシュ』の続編となる映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』は、11月21日に米劇場公開する。オリジナル映画は、全世界で4億7120万ドルの興行総収入を記録した。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。