体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まさに「光陰矢の如し」!? グリコが人生を71.8秒に凝縮した動画を公開

まさに「光陰矢の如し」!? グリコが人生を71.8秒に凝縮した動画を公開

 月日が経つのは早いもの。ついこの間までオリンピックが開幕したかと思うと、気づけばまもなくパラリンピックが開幕します。特に大人になると、時の流れを早く感じるような気がしますね。人の一生も、宇宙のスケールにすると短いものなのかもしれません。そんなことを思わせる動画が、3月7日からグリコの公式YouTubeチャンネルで公開されています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「71.8秒のLIFE」と題されたこの動画、世界人口の平均寿命である71.8歳(2015年世界銀行による調査結果)を一人の人生に置き換えて1年あたり1秒、合計71.8秒で描いたミュージカル仕立ての作品。1秒で1歳ずつ年を取っていく主人公を、実年齢0歳〜71歳の女性72名が演じました。

 人生の傍らには、いつもグリコの商品があります。父親からビスコをもらって笑顔になる少女時代、彼氏や友人たちとパピコとポッキーを分け合う20〜30代。仕事と子育てを両立しながら、ジャイアントコーンで一息いれる40代など、人生の様々な場面にグリコの定番商品が登場し、主人公のスマイルをそっと後押ししています。グリコはあなたの一生に寄り添い、笑顔にしていきますという「あなたが笑うと、世界は変わる。smile. Glico」のメッセージが最後に現れて、動画は終わります。







 動画のモチーフとなった世界人口の平均寿命「71.8歳」。実は100年前の平均寿命は31歳でした。倍以上も延びた理由は、衛生環境や医療の向上(特に新生児死亡率の低下)もさることながら、食べ物の変化も大きいと考えられています。人生100年時代ともいわれる昨今ですが、そうして延びた分の寿命は、本人と周りの人の人生を豊かなものにしていく、という視点から「食べるものがあなたの健康をつくる。」というコピーと物語が生まれたんだそう。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。