体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

LINEの誤爆は送信取消を使わず未然に防ぐべし

LINEの誤爆は送信取消を使わず未然に防ぐべし

LINEで「誤爆」と呼ばれるメッセージの送信ミスをした経験は誰にでもあるはず。そんなLINEの誤爆を削除できる「送信取消機能」がリリースされました。しかし、メッセージは削除できますが、取り消したという履歴は相手に残ります。LINEの誤爆はトークの背景を変えて未然に防ぐのが正解です。

LINEの誤爆に送信取消機能を使う

LINEでトークする相手やグループが増えてくると怖いのが誤爆です。トークする相手を間違えて、失礼な発言をしてしまった人も少なくないはず。このため、LINEの誤爆を削除できる「送信取消機能」が追加されています。

この機能は、送り間違えてしまったメッセージやスタンプを24時間までなら取り消すことができるもの。ただし、メッセージの内容は削除できても「○○さんがメッセージの送信を取り消しました」という履歴が残るのです。

このため、LINEの誤爆は送信取消機能を使うのではなく、誤送信を未然に防ぐようにしなければなりません。そこで活用したいのが、LINEのトークルームは背景の設定。LINEはトークの背景を変えて誤爆を防ぐようにします。

LINE誤爆は背景を変えて防止する

LINEはトークルームのメニューで「設定」→「背景デザイン」を選ぶと、トークルームの壁紙を変更可能。重要な相手のトークルームは背景を変えておくと視覚的に分かりやすいので、誤爆を防止できるというわけです。

トークルームの背景は、LINEで用意している壁紙を使う場合は「デザインの選択」をタップ。自分で撮影した写真を使う場合は、背景デザインの設定で「写真撮影」や「アルバム」をタップしましょう。

また、LINEのトークルーム一覧は最後の発言日時が新しい順に並ぶ設定。よく使うトークルームは上のほうに固定して誤爆を防ぎましょう。トークルームを右にスワイプすると現れるピンをタップ。よく使うグループやトークルームを上のほうに固定できます。

関連記事リンク(外部サイト)

LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる
LINEのトーク復元機能はAndroid版だけに実装

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。