体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Space X、ロケットFalcon 9の打ち上げ成功! 通算50回目に到達

イーロン・マスク氏率いるSpace Xは米国東部時間3月6日午前0時33分、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地からロケットFalcon 9を打ち上げた。

打ち上げ33分後にはペイロード(積荷)の切り離しに成功し、静止トランスファ軌道へ。2010年以来、通算50回目となる記念すべき打ち上げは成功裏に終わった。

・積載量は最大の6092キロ

今回のペイロードは、「Hispasat 30W-6」という、バスほどの大きさの通信衛星。積載量はこれまでで最大の6092キログラムだ。

Hispasat 30W-6はスペインの通信衛星会社Hispasat所有のもので、今回の衛星で無線通信用のKuバンドとCバンドを提供する。

Kuバンドは地上波より高周波で電波がこみ合わないというメリットがあり、欧州やアメリカを対象にスムーズな通信に貢献することが見込まれる。

・7年9カ月で50回目到達

今回の打ち上げは、Space Xにとって50回目という節目だった。最初に打ち上げたのは2010年6月。それから7年9カ月で50回目を迎え、このスピードはスペースシャトルなどよりも早い。

安定して打ち上げを成功させられる技術が今回またしても証明され、Space Xは今後この打ち上げ回数をさらにのばすことが予想される。

Space X/Twitter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。