体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【徳丸浩×LINE】なぜ、若者は情報発信しないの?─三世代の視点でセキュリティエンジニアを分析!

コミュニティもコミュニケーションもクローズドな方向へ

中村 智史氏(以下、中村): 前回の二人の対談を聞いていて世代にギャップがあるなと感じていたんですが、私はちょうど徳丸先生の世代と志賀君ら若手世代との、ちょうど中間世代なんです。

LINE株式会社 セキュリティ室 アプリケーションセキュリティチーム 中村 智史氏(写真左) / 同 志賀 遼太氏(写真右)

徳丸: なるほど、プロキシが現れましたね(笑)。最近の若い世代は、なかなか情報発信をする人がいないなと感じるのですが、どうなんでしょうか。

EGセキュアソリューションズ株式会社 代表取締役 徳丸 浩氏

中村: 徳丸先生の世代は、そもそもセキュリティについて知っている人がいなくてコミュニティなどもなく、個人のブログやウェブ媒体での発信がすごく強力でしたよね。特に私は徳丸先生のブログを読んで勉強していました。

⇒ 参考: 徳丸浩の日記

中村: その後に、徳丸先生の世代の方をゲストに呼んでコミュニティ運営をして勉強するというのが、ちょうど私の世代でした。志賀君の世代だと、彼のようにチームを組んで(※)仲間内で意見交換や技術を磨き合うことができるので十分満たされていて、あえてコミュニティに出ていく必要がないのではないかと思います。

※志賀氏はCTF出場のため10人ほどのチームを組んでいる。前編を参照。

徳丸: それはまさにネットワーク上のコミュニケーションがブログ、登録制SNS、LINEとクローズドな環境に移っていったことと重なりますね。全体的にそういう風潮になっているんでしょう。

志賀: 全体のセキュリティ人口が増えたので、逆に細分化したのかもしれません。

徳丸: オヤジ的な発言をしてしまうと、優秀な若い方がたくさんいるのでやはりもっと情報発信してほしいですね。コミュニティに出てくる若い人ももちろんいるけれど、主な顔ぶれが数年来あまり変わっていないように思います。

志賀: いざ自分でブログを書いたり発表したりしてみようと思っても、調べてみると結構解説がでてきて、もうどこかに書いてあるよなあという気持ちになるんですよね。完全に真新しい情報ってほとんどないので、難しいです。

セキュリティ分野は情報発信が難しい

徳丸: セキュリティの性質上、発信することが難しい側面もありますよね。詳細に発表したら悪用できてしまうじゃないかとか、リバースエンジニアリングで著作権問題が生じたりだとか。

志賀: ブログに書きづらいのはその点もあります。一般的なことはいいんですが、深い話はどこまで書いていいのか。

中村: どうやって情報を外に出したら問題にならないかという経験値は、ぜひこの若い世代に教えてあげてほしいです。

徳丸: 僕が発信してた頃は、バリバリに斧を投げられる時代だったのでなんとも(笑)。もしかして、僕ら世代が斧を投げ合っていたので若い世代が萎縮しているんですかね……。

徳丸: その点で、最近いろいろな企業ブログが結構流行っているのは、他のエンジニアのレビューや会社のサポートがもらえるので安心という面があるかもしれないですね。

志賀: そうですね。内容的にも「弊社はこんな仕組みで動いています」というのは情報として新しいですし、書きやすいです。

⇒ 参考: LINE Engineering Blog

中村: 私も、この仕事について一番身についたのは斧耐性かもしれません。でも、第三者の意見は大事ですが過剰に怖がることはなくて、正しく受け入れ正しく聞き流すことが大事ですよね。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。