体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホ容量不足の心配不要! 撮ったビデオ全てをクラウド保存するアプリ「Air」

ビデオ撮影はもっぱらスマホで、という人は多いだろう。すぐに取り出して撮影でき、しかも最近は高品質なものを撮れる。

しかし、悩ましいのが端末の容量を圧迫する点。数を撮ると、あっという間に“空き容量ゼロ”なんてことも。

SDカードスロットを搭載していない端末だと常にこの問題がつきまとう。そこで、根本的な解決策となるiOSビデオアプリ「Air」を紹介しよう。

・高画質で好きなだけ撮れる

Airでは、撮ったデータは全て端末を介してクラウドに保存される。つまり、スマホの容量をまったく使わないのだ。なので、データ容量の多い高画質でバンバン撮っても、ストレージを心配する必要はない。

撮影したデータには、PCやスマホ、タブレットなど、どの端末からもアクセスできる。もちろん、気に入ったものを端末ローカルに保存することもできるし、誰かとシェアしたいときにはリンクを送ればいい。

・昔のビデオもアップロード

また、アプリで撮影したものに限らず、昔のビデオテープやDVDをデジタル化してAirにアップロードするサービスも有料ながら展開している。

いまどき、ビデオテープのデッキを持っているという人は少ない。しかし、思い出の詰まったテープを処分するのはしのびない、なんてジレンマを抱えている人には便利なサービスだ。

クラウド容量は制限がないので、好きなだけ使えるのは魅力。ただし、利用料は月額4.99ドル(約530円)となる。無料あるいはもっと低額のクラウドストレージを用意しているサービスもあるだけに、この額をどうとらえるかは利用者次第。

Airのサイトを見ると、サンプルで子どものビデオがずらりと並ぶ。いくら撮っても撮り飽きないという小さな子どもがいる家庭にはうってつけのサービスなのかもしれない。

Air

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。