体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

裏動画サイトと動画まとめサイトとは何が違う?

裏動画サイトと動画まとめサイトとは何が違う?

動画サイトといえば「YouTube」や「ニコニコ動画」がその代表ですが、厳密には「動画共有サイト」と呼ばれる動画サイトの一形態。誰でも投稿できるため、さまざまな動画の中に違法にアップロードされた動画も紛れています。一方「裏動画サイト」は、すべて違法にアップロードされた動画です。

動画共有サイトには違法動画も散見

動画サイトは大きく6タイプに分けられます。1つは「有料公式動画配信サービス」です。月額500~1,000円程度で利用できる、公式の動画配信サービス。有料かつ公式だけあって高画質で、見放題サービスなら料金を気にせず見まくれます。

代表的なサービスとしては「Netflix」や「hulu」など。オリジナル作品で他サービスとの差別化を図っています。スマホにダウンロードして視聴できたりと、使い勝手が良いのが特徴。近年、普及が進んでいる動作サイトです。

2つめは「無料公式動画配信サービス」です。代表例は「Gyao」や「AbemaTV」「TVer」など。作品数は有料公式動画配信サービスに比べるとかなり少なく、公開期間が短め。また、視聴中に広告が表示されます。しかし、完全無料な上、高画質で安全に視聴できるのがメリット。見逃し配信の利用がメインなら十分でしょう。

3つめの「動画共有サイト」は、YouTubeやニコニコ動画などユーザーが動画を投稿して公開できるサービスです。自分で撮影・作成した合法動画の共有が本来の目的ですが、違法動画も散見。その対策として、著作権者側では違法動画を監視して削除しつつ、公式チャンネルを用意するケースもあります。

裏動画サイトには悪質な広告が多い

4つめの「中華系動画サイト」は、中国の動画共有サイトのこと。長らく違法コンテンツの温床でした。しかし最近では、テレビ東京などと提携して、公式動画を公開するケースが増えています。なお、日本からのアクセスを制限していることも少なくありません。

5つめの「裏動画サイト」は、特定の管理人がアニメやドラマのファイルを違法アップロードして広告収入を得ているサイト。悪質な広告が多く、セキュリティ上の注意が必要です。サーバが海外にあるためか削除されにくく、全エピソード揃っていることが多いことから根強い人気があります。

6つめの「動画まとめサイト」は、動画共有サイトや裏動画サイトにアップされた、動画のリンクをまとめているサイト。日本語で整理されています。アニメ・動画・映画などジャンルごとにサイトが作られるのが特徴です。(文/中谷 仁)

関連記事リンク(外部サイト)

テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。