体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バカらしいほど愛情とコストかけられすぎな三菱 パジェロは恐るべし本格クロカンだ!!

▲現行型パジェロは、今流行りのデザインとは違う魅力にあふれている。アウトドアシーンはもちろん、おしゃれなニュータウンにもしっとりとなじんでしまうデザイン力を再発見した

▲現行型パジェロは、今流行りのデザインとは違う魅力にあふれている。アウトドアシーンはもちろん、おしゃれなニュータウンにもしっとりとなじんでしまうデザイン力を再発見した

本格クロカンとしての理屈と風格がこの車にはある

「松本さん、週末に雪山のロケに行こうと思って今パジェロ乗ってるんですが、笑っちゃうくらい面白い車なんで乗ってみません?」

編集部の大脇さんから陽気な電話があり、とりあえず合流した。

久々に三菱 パジェロをじっくり見たが、クロカンとして実に理にかなったスタイリングをしている。短いフロントオーバーハングは急斜面などに突入する場合に効果的だ。

パジェロはビルトインフレームという、昔ながらのラダーフレームとボディをドッキングした方式を採用している。

昨今のシティ派SUVのようなスタイリッシュさはない反面、本格的な四駆としての性格がにじみ出ている。

FRだとノーズが長くなりがちだが、パジェロはそのあたりをうまく処理しており短い。

そして、堂々としたデザインで大きく見えるが、近くで見ると意外とコンパクトに感じるデザインが巧妙だ。このあたりにデザイナーのこだわりと工夫を感じる。

▲フロントオーバーハングの短さ、つまりアプローチアングル(車軸からバンパーの先端)が短いことのメリットについて説明中。これだけ短ければ急斜面や悪路に向かって遠慮なく侵入ができるだろう

▲フロントオーバーハングの短さ、つまりアプローチアングル(車軸からバンパーの先端)が短いことのメリットについて説明中。これだけ短ければ急斜面や悪路に向かって遠慮なく侵入ができるだろう

ニヤつきが止まらない、粋なドライビング感覚

「なんか、トラックを運転しているみたいで妙に気分がアガるんですよ、コレ。今はそういった車あまりないですからね」

それはそうだ。何といってもこのパジェロのエンジンは3.2L 4気筒4バルブのディーゼルターボ。4M41という型式のエンジンで、4M系統のディーゼルエンジンといえばトラックの「キャンター」にも搭載されている形式。つまり耐久性や信頼性は抜群に高いのだ。

恐らく50万kmくらいの走行はへっちゃらだろう。エンジンより先にミッションが悲鳴を上げてしまうような代物だ。そして、最新のディーゼルと比べるとエンジン音も大きい。

▲運転席からの見切りがすこぶる良い。この見切りの良さは悪路を走行する際、絶対に必要だ。低中速重視の特性を持つディーゼルエンジンは力強い。5速ATも軽やかにシフトアップしていき、およそ2トンを超える重量ボディをグイグイ引っ張る。それにしても久々に味わうこの感覚は実に楽しい。大脇さんの言っている「トラックみたい」や「気分がアガる」というのもうなずける

▲運転席からの見切りがすこぶる良い。この見切りの良さは悪路を走行する際、絶対に必要だ。低中速重視の特性を持つディーゼルエンジンは力強い。5速ATも軽やかにシフトアップしていき、およそ2トンを超える重量ボディをグイグイ引っ張る。それにしても久々に味わうこの感覚は実に楽しい。大脇さんの言っている「トラックみたい」や「気分がアガる」というのもうなずける

隠れた実力派メーカー、三菱車の今後に注目せよ

ここ4年くらい前から、三菱車の試乗会などでエンジニアの誠実さを感じていたということもあったが、僕は最近の三菱車に期待をしている。

例えばデザイン。アウトランダーPHEVやデリカD:5などは古くならないデザインだと思っている。これは車を長く所有するユーザーにとっては車両スペック以上の価値だろう。

さらに、先日雪上試乗したエクリプスクロス。この4WDのセッティングの安定性が抜群に良いのだ。それについてエンジニアが熱く語っていた印象が強かったことも理由かもしれない。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。