体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私は父に運転免許証返納を決断させた

「75歳以上のドライバーは認知機能検査を受ける」とする改正道路交通法が施行されたのは2017年3月。それから同年末までに、免許更新などで検査を受けた人は全国で172万5292人だった。そのうち、4万6911人が認知症のおそれがある第1分類と判定された。(*警察庁2月発表)

第1分類は「認知症のおそれがある」

第2分類は「認知機能低下のおそれ」

第3分類は「認知機能低下のおそれなし」

と判定される。

第1分類となったドライバーは医師の診断を受けることとなるが、今回、診断待ちなどを除く約2万5千人の内、免許継続が認められたのは、9841人(39.6%)。また、危険と判断した人など、免許を更新しなかったのは、2571人(10.4%)、自主返納は、1万1053人(44.5%)だった。運転NGは、なんと6割にもなったのだ。

警察庁によると、2017年末の75歳以上の運転免許保有者は約540万人。次の免許更新では必ず検査を受けることになるが、この中に同じ数字の運転NG者がいると思うとかなり怖い数字だ。

家族が気づいてあげなきゃ

私の父は、今年で82歳になる。実は、認知症の一歩手前の「健忘症」と診断されていて、言い換えれば軽い認知症だ。76才の時。言動がおかしい兆候は前々からあったのだが、物忘れの域を超え、あったことを記憶していないケースが増えてきた。本人も自覚があったので検査を受けたところ、そんな診断結果が出た。

専門書などを読んで情報を集めてみたが、一般的に認知症は薬で進行を遅らせることはできるが、完全に治すことは難しい、ほぼムリなのだそうだ。ゆっくりひどくなっていく症状と付き合っていくしかないようだ。

父は昔気質の人間。無類の面倒くさがり屋で、動くのが嫌い、人の指図を受けるのが嫌い、気位の高い、一言でいうと扱い辛い人間である。それでも用事があれば車を運転しなければならない。若い頃から車の運転は上手で、事故はもちろん、車を擦ることすら経験がなかった。

ところが、73才頃、アクセルとブレーキを踏み間違えて駐車場の金網に突進してしまった。幸い、破損の程度は軽く、身体にケガなどはなかった。その時は「年だから」程度で済ませたが、この頃から少しずつ今までにないミスが目立つようになってきた。

道を間違える、行き先を間違える、行き先を忘れる、車を駐車した場所を忘れる・・・

よく助手席に乗っていた母は、年齢的な物忘れか、それとも本当におかしいのか、比べるものがなく情報もなかったので、判断がつかなかったらしい。しかも、かかりつけ医に何度か聞いてみたが、いつも「年だからそういうこともある」と笑い飛ばされるので、「そんなものなのか」と放置していたそうだ。これがまずかった。

ある時、電話で母と話すと、数年前から運転中にこういうミスが多い、と聞かされ、すぐに検査へ行くよう促した。認知症が疑われる高齢ドライバーによる事故が相次いでいたからだ。

検査の結果、「健忘症」と診断されたが、その病気の知識がまだ浅かった私は、車を安全に運転させることも脳トレの一環だと考えて、父の好きな釣りに誘った。早朝で車も少なく、高速も通るので、運転させても問題はないだろうと思った。というか、数日に一度はハンドルを握っているのである。

助手席に乗って、カーナビ通りに道を支持したのだが、普段あまり通らない道を行ったためか、まず赤信号を無視しようとして慌てて注意した。高速道路は普通に運転していたのだが、この出口だと支持したとき、ハンドルを左へ少し切って側道に入るかと思いきや、急にボーっとして手を止めた。ブレーキも踏まない。

「危ない!」と思ってハンドルを横からつかみ、側道レーンへ導いた。危険を感じていなかったようだった。そして「ここで降りるんやったか?」と聞いてきた。

父はカーナビを操作できない。いつも釣り場へ行く時の降り口はまだ先で、カーナビが示した降り口とは違っていた。だから記憶との違いに混乱し、考えていたようだった。あのまま気付くのが遅れていたら確実にフェンスに激突していた。

私は決断した。後日、「危ないから運転免許証を返納しよう」と話した。父は渋った。「年寄り扱いをするな」「運転には自信がある」高速での出来事は憶えていなかった。でも、検査結果で障害があることは自覚していた。私は、意地でも運転させるわけにはいかないと思い、こう言った。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。