体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カンヌ受賞作『聖なる鹿殺し』、コリン・ファレル×バリー・コーガンのインタビュー映像が公開

カンヌ受賞作『聖なる鹿殺し』、コリン・ファレル×バリー・コーガンのインタビュー映像が公開

 奇才ヨルゴス・ランティモス監督の映画『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』に出演しているコリン・ファレルとバリー・コーガンのインタビューが公開された。

『聖なる鹿殺し』関連画像(全3枚)

 本作は、今回の【第70回 カンヌ国際映画祭】で同映画祭3度目の受賞となった奇才ヨルゴス・ランティモスの監督・脚本作品で、美しい妻と健康な2人の子供に恵まれた心臓外科医スティーヴンの完璧な生活が、マーティンという少年によって崩壊していくスリルが描かれている。主人公をコリン・ファレル、主人公の妻をニコール・キッドマンが演じ、登場した瞬間から気味悪くで只者でない雰囲気を出す謎の少年マーティンを『ダンケルク』のバリー・コーガンが演じている。

 この度、主人公スティーブンを演じるコリン・ファレルと彼を脅かす謎の少年マーティンを演じるバリー・コーガンによるインタビュー映像が到着した。完成した映画について、コリンは「初めて観た時は、どちらかというと自分の立場から言って衝撃を受けた。自分が出ている映画を、良し悪しがわからないまま、どんな感じかと思いながら観るって感じだった。」と初めて見た時の印象を振り返った。そして、「バリーは素晴らしかったし、ニコールも子供たちもみんな良かった。まとめ方や、音楽も良くて、監督は天才だと心から思ったよ。素晴らしいと思う。彼のおかげだね」と映画を称えた。

 バリーは、監督について問われると「監督は、演じやすい環境を作ってくれるけど、とても集中力がある。だからといって、そのプレッシャーをかけてくる訳でもなく。とてもやりやすいね。早く進めるときもあったり、遅く進めるときもあったりとなんでもありさ」と現場の雰囲気を振り返り、コリンが「指示の出し方は、とても特殊だね」と返すと「うまいこと世界観を作り上げるんだ」と語った。

 また、映画の公開初日であった3月3日には、新宿シネマカリテにて映画評論家の添野知生氏によるトークイベントが開催。奇才と言われるランティモス監督の撮影について「異常な状況下で異常なルールを押し付けてくる作品世界が展開されるが、撮影にも同じ様なことを課しているのではないか」と推測。固定カメラにこだわった撮影法が目を引いた過去作を経て、本作では病院の廊下のシーンで顕著なドリーショット(平らな台車にカメラを載せて撮影する方法)へのこだわりが感じられたと言及した。また“動物”についてや、映画の独特の終わり方など、監督作品をよりユニークにしているモチーフについても語った。なお、映画は現在新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて公開中。

◎インタビュー映像
https://youtu.be/sA4HET5rbF0

◎公開情報
『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』
2018年3月3日(土)より東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
監督:ヨルゴス・ランティモス
脚本:ヨルゴス・ランティモス、エフティミス・フィリップ  
出演:コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、バリー・コーガン、ラフィー・キャシディ、アリシア・シルヴァーストーン
2017/アイルランド、イギリス/カラー/英語/121分
原題:『THE KILLING OF A SACRED DEER』
映倫: PG12
後援:アイルランド大使館、ブリティッシュ・カウンシル、ギリシャ大使館
配給:ファインフィルムズ
(C)2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited

関連記事リンク(外部サイト)

10組20名様ご招待! 【第70回 カンヌ国際映画祭】脚本賞受賞作、映画『聖なる鹿殺し』試写会の開催が決定
ひふみん、映画『ダンケルク』に深い縁明かす おとぼけト-クで司会者と熱い攻防戦も
岩田剛典(三代目JSB/EXILE)映画『ダンケルク』のノーラン監督と初対面決定! TV-CMでも魅力を語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。