体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最新グースマホ「g08」の優れたカメラ機能の数々

ポータルサイト「goo」を運営している NTT レゾナントより最近発売された最新グースマホ「g08」の様々なカメラ機能をご紹介します。
g08 は 2 万円台の安価な機種ながらも前面にはデュアルカメラを搭載する他、カメラアプリには「背景ぼかし」や「自撮りパノラマ」、「フェイスビューティー」など、ハイスペックスマホにも見られる高度な撮影機能を有しており、写真や動画の撮影、自撮りをよくされる方にとって満足できる一台です。
やはり前面カメラで広角撮影ができる点はデュアルカメラを搭載したことによる大きな恩恵でしょう。
広角カメラを使用すると、通常の手持ちでも広々とした背景で自撮りできたり、複数人のしっかりと収まるグループ自撮りも可能です。
さらに広角カメラでパノラマ自撮りをすると、自撮り棒を使ったような仕上がりの自撮りが可能です。
カメラアプリには中央下にカメラの切り替えボタンが表示されるので、それをタップするだけで広角カメラに切り替わります。
カメラの切り替えはとても簡単です。
リアカメラは 1,600 万画素のシングル構成で、画質そのもののはまずまずと言った感じです。
この記事を執筆するにあたり 300 枚ほどの写真を撮影しましたが、手持ちのミラーレスカメラ(EOS M100)と画質を見比べるとやはり M100 の方が良いと思いました。
当然ですけど・・・。
動画は最大 1080p で撮影することができますが、次の動画はデフォルトの 720p で撮影した時のものです。
「背景ぼかし」は前後のどちらでも利用することができ、被写体の背景がボケるので、例えば料理の写真なら料理が少し美味しそうに見えます。
効果の度合いをスライダーを使って調節できるので、しっかりとぼかすことも、ほんのりとぼかすこともできます。
g08 には他にも、肌の明るさ、顔や目の大きさを調節した上で写真を撮影できる「フェイスビューティー」、その「フェイスビューティ」を適用した状態で自撮り動画を撮影できる「ビューティ動画ログ」なども搭載しており、自撮り機能に関してはハイスペックモデルをも凌ぐ充実した機能を備えており、特に自撮りを頻繁になさる方にはおすすめです。

■関連記事
スマホメーカーXiaomiの高性能ドローン「Mi Drone」のレビュー
DJI Mavic Airが障害物を軽やかに回避する「APASモード」の使い方や挙動
Android版「Adobe Premiere Clip」でスマホ動画をプロっぽい仕上がりにする

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。