体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

久石譲×辻井伸行のタッグが実現! 山?賢人主演『羊と鋼の森』エンディング・テーマを担当

久石譲×辻井伸行のタッグが実現! 山?賢人主演『羊と鋼の森』エンディング・テーマを担当

 山?賢人が主演を務める映画『羊と鋼の森』のエンディングテーマで、久石譲が作曲と編曲、辻井伸行がピアノ演奏を担当していることがわかった。

 映画『羊と鋼の森』は、『火花』『君の膵臓をたべたい』を抑えて2016年“本屋大賞”を受賞した同名小説が原作。ピアノ調律師を志す青年・外村直樹を山?賢人が務め、ピアノと繋がる多くの人と出会うことで、調律師としての自分を探し求め成長して行く様子が描かれている。また三浦友和が外村の人生を導く調律師・板鳥宗一郎を演じたほか、上白石萌音、上白石萌歌、鈴木亮平、仲里依紗、佐野勇斗(M!LK)らがキャストに名を連ねている。

 そんな本作のエンディング・テーマ「The Dream of the Lambs」で作曲・編曲を久石譲、ピアノ演奏を辻井伸行が担当している。原作「羊の鋼の森」は「本から音が聴こえてくる」という感想がでるほど、表現力豊かに描かれた物語で、その世界観、そして“ピアノ”の魅力を最大限に活かせるテーマ曲を考えた映画制作陣は、優れた表現力で世界的に有名な音楽家である2人に制作をオファー。元々原作を読んでおり、その世界観に強く惹かれた両名がオファーを快諾したことにより、今回“夢”の音楽家タッグが実現した。昨年夏、コンサートホールにオーケストラを集め、久石譲自らタクトを振り楽曲を収録した際にはその日が初対面にも関わらず息の合った演奏を見せ、収録が終わった後も「本当に楽しかった」と互いに嬉しそうな笑顔を見せていたという。

 久石譲は映画のテーマであるピアノ調律師について、「調律師は求める音を表現してくれる、本当に大事な存在で、音は出さないけど立派な音楽家だと思います」と表現。辻井伸行とのタッグについては「辻井くんは本当に素晴らしいピアニストで、特にリズム感が凄いです。無駄なものが無いきちんとしたリズム。これを活かしたいと思って指揮をしました」と絶賛。一方、久石譲の大ファンだという辻井伸行は「お会いするまでは緊張しましたが、本当にお優しい方で、合わせやすく、またいろいろと勉強させていただきました。この曲は感動的で、美しく、弾いていて本当に楽しかったですし、収録があっという間でした。また是非ご一緒させていただきたいです」と語っている。そしてこの度、「The Dream of the Lambs」が使用された本予告映像が公開された。なお、映画『羊と鋼の森』は2018年6月8日より全国東宝系にてロードショー。

◎『羊と鋼の森』本予告(90秒):
https://youtu.be/g1O7i4jNJ6c

◎コメント 全文
≪久石譲 コメント≫
ピアニストはいろいろなピアノに出会わなければならない。ピアノによってタッチがそれぞれすごく違います。調律師は求める音を表現してくれる、本当に大事な存在で、音は出さないけど立派な音楽家だと思います。
そんな調律師を描いた原作を、オファーをいただく前に読ませていただきました。成長譚の美しくてとても良い話。だからこそ、綺麗なだけで終わらないように、映画の奥行を出せるように、シビアなミニマル的な部分とメロディアスな部分の交差する曲を作るように意識しました。
 その曲を辻井くんと一緒に作ることができて嬉しく思います。古典的なスタイルをとりつつ、現代的な曲を作ったのですが、見事に弾いてくれました。辻井くんは本当に素晴らしいピアニストで、特にリズム感が凄いです。無駄なものが無いきちんとしたリズム。これを活かしたいと思って指揮をしました。演奏をしていて、とても楽しかったです。辻井くんとはまた是非一緒に演奏させていただきたいですね。

≪辻井伸行 コメント≫
オファーをいただく前に原作を点字の本にして読んでいましたが、ピアノをやっている人なら皆さん興味のある話だと思います。曲にもたくさんのイメージがあったり、ピアノには壮大でカッコいいところがあったり、いろいろな面白いことが分かる素晴らしい物語です。そんな映画の演奏を、久石さんとご一緒させていただけたのは本当に光栄でした。久石さんの大ファンで、素晴らしい曲をずっと聴いていたので、本当に嬉しかったです。
久石さんに楽譜をいただいた時に、どのような気持ちで作曲されたのか想像し、また映画のイメージを自分の中で膨らませて、できる限りのことをしようと思って練習し、本番に挑みました。お会いするまでは緊張しましたが、本当にお優しい方で、合わせやすく、またいろいろと勉強させていただきました。この曲は感動的で、美しく、弾いていて本当に楽しかったですし、収録があっという間でした。また是非ご一緒させていただきたいです。
ピアノの調律師さんは僕にとってなくてはならない存在です。ピアニストは演奏するときは一人ですが、調律師さん、観客の皆さんと一緒にコンサートを作り上げていると思っています。国内外の様々な場所で調律師さんと出会うのですが、いろいろなタイプの調律師さん、そして会場のピアノと出会えるのは楽しいですね。

◎公開情報
『羊と鋼の森』
2018年6月8日(金)より全国東宝系にてロードショー
監督:橋本光二郎
脚本:金子ありさ
出演:山?賢人、鈴木亮平、上白石萌音、上白石萌歌、堀内敬子、仲里依紗、城田 優、森永悠希、佐野勇斗、光石 研、吉行和子 / 三浦友和
音楽:世武裕子
原作:「羊と鋼の森」(2015年9月初版発行)
著者:宮下奈都(文藝春秋刊)
(C)「羊と鋼の森」製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

EXILE ATSUSHI&久石譲、映画『たたら侍』主題歌「天音」5/17より配信開始 リリックビデオも公開
久石譲、今夏アジアツアー決定! 秋のミュージック・フューチャーVol.4では作品公募も
ゆずが山?賢人主演映画に主題歌を書き下ろし&予告編公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。