体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「女性には嫌われる。でも、それが美学」。テリー伊藤をも悩ませる異端児 アルファロメオ SZ

▲軽自動車からスーパーカーまでジャンルを問わず大好物だと公言する演出家のテリー伊藤さんが、輸入中古車ショップをめぐり気になる車について語りつくすカーセンサーエッジの人気企画「実車見聞録」。誌面では語りつくせなかった濃い話をお届けします!

▲軽自動車からスーパーカーまでジャンルを問わず大好物だと公言する演出家のテリー伊藤さんが、輸入中古車ショップをめぐり気になる車について語りつくすカーセンサーエッジの人気企画「実車見聞録」。誌面では語りつくせなかった濃い話をお届けします!

車バカは最高の褒め言葉!

今回は、「コレツィオーネ(COLLEZIONE)」で出合ったアルファロメオ アルファSZについて、テリー伊藤さんに語りつくしてもらいました。

~語り:テリー伊藤~

不良っぽさを醸し出すスポーツカー。大別すると僕は2種類あると思っています。

ひとつは古いアメ車のように窓に肘をかけながら片手で運転できるもの。カリフォルニアとかフロリダ半島など、海の香りが漂うモデルでもあります。

もうひとつはこれとは真逆で、サイドのラインが高く、窓から運転している顔がようやく覗けるくらいのもの。快適性ではなくデザインに重きを置いた車ですね。

アルファSZ(Photo:大子香山) ▲すべてが直線的で不良っぽいデザイン

▲すべてが直線的で不良っぽいデザイン

SZは典型的な後者の不良っぽさを感じます。

前から見ても異様でしょう。この楔形のシルエットを初めて見たときは驚きました。こんな車、アリなんだ……ってね。まるでカスタムカーじゃないですか。

SZが登場したのは1989年。初めて見たときに「欲しい!」と思いました。でもすぐに「絶対に買わないだろう」とも感じたのを覚えています。

▲ザガートが手掛けたデザインはアルファロメオの中でかなり異質です

▲ザガートが手掛けたデザインはアルファロメオの中でかなり異質です

もしGT-Rにオープンモデルが出たらそれだけで凄いことですが、きっとファンは誰も買おうとしないでしょう。

なぜならオープンになった瞬間、レースには出ないから。SZに感じる異質さはそれと同じものがあると思います。

残念ながらSZは助手席に女性を乗せてドライブを楽しむようなモデルではありません。

見るからに女性にモテなさそうな雰囲気です。もしこれでデートしようとしたら、一発で嫌われるのは間違いない。「あんた、峠攻める気でしょう…!」ってね(笑)。

これは昔の三菱 ランサーエボリューションやスバル インプレッサSTI、あるいは、日産 スカイラインGT-Rも持っている雰囲気。

女性にモテないと言うと聞こえが悪いと感じるかもしれませんが、言葉を変えるなら……世間に媚びていないんです。

今はこういう硬派な車が少なくなりました。わかりやすいカッコよさではありませんが、僕は今乗るのはおもしろいと思いますよ。

ただし、世間からは「車オタク」「車バカ」と思われるでしょう。でもコレ、SZ乗りにとっては最高の褒め言葉じゃないですか!

アルファSZ(Photo:大子香山) ▲この車に乗ったら一発で女性から嫌われる。でも、それを美学と感じないと!
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。