体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セガ『北斗が如く』が吉祥寺「CAFE ZENON」と“世紀末コラボ”! 充実のドリンクメニューに「お前はもう酔っている」?

“ホワタタタタタタッ!”というわけで、発売を目前に控えたセガゲームスのPS4用ソフト『北斗が如く』と、吉祥寺の「CAFE ZENON」との期間限定“世紀末コラボ”が実現した。マンガとアートが融合するカフェ空間を「北斗が如く」が全面ジャック。メディア向けにコラボドリンク&フードの試食会を開くと聞き、潜入取材を試みた!

いつもは女性が7割という“オシャレ”なカフェが「北斗が如く」一色に

セガゲームス(東京都品川区)のゲームソフト『北斗が如く』(対応機種:PlayStationR4・通常版価格 税抜8,390円 世紀末プレミアムエディション価格 税抜11,390円・2018年3月8日発売予定)が発売を直前に控えた3月1日から3月31日までの1ヶ月間、東京・吉祥寺の「CAFE ZENON」と期間限定の“世紀末コラボ”を開催中だ。

「北斗が如く」は、人気マンガ「北斗の拳」の世界観を「龍が如く」を手がける開発チームの手により描くアクションアドベンチャーゲーム。完全オリジナルストーリーで「北斗の拳」のキャラクターが縦横無尽に活躍するPS4専用ゲームとして、ファンから発売を待望されている。

「CAFE ZENON」の外観。JR吉祥寺駅から徒歩5分ほどの好立地

期間限定の“世紀末コラボ”が展開されているのは、マンガとアートが融合するカフェ空間CAFE ZENON」(東京都武蔵野市吉祥寺南町2-11-3)。吉祥寺という土地柄とオシャレに作り込まれたインテリアのためか、ふだんは女子大生や主婦など客層の7割が女性だという。

どことなく、バンド「サカナクション」の山口一郎さん似の「CAFE ZENON」代表の石橋ケンタロウさん(左)と、「北斗が如く」ゼネラルプロデューサーの佐藤大輔さん(右)

オープンを翌日に控えた2月28日、「北斗が如く」ゼネラルプロデューサーの佐藤大輔さんがメディア向けに開かれたコラボドリンク&フード試食会に登場。「CAFE ZENON」代表・石橋ケンタロウさんのメニュー解説とともに“世紀末”コラボメニューに挑んだ。

ユーザー層を意識したカクテルメニューが充実

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。