体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

杏、歴史小説は「相関図」を書きながら読む…大倉眞一郎も驚きの読書法

杏、歴史小説は「相関図」を書きながら読む…大倉眞一郎も驚きの読書法
J-WAVEで放送中の番組「BOOK BAR」(ナビゲーター:大倉眞一郎・杏)。初番組本『BOOK BAR−お好みの本、あります。−』(新潮社)の発売を記念して、3月3日(土)のオンエアでは、2月25日(日)に八重洲ブックセンター本店で行われた番組初公開収録にて、大倉と杏が「番組の10年間を象徴する1冊」をそれぞれ選んだ模様をお届けしました。

■書籍では1000冊以上から50冊を厳選!

『BOOK BAR−お好みの本、あります。−』は、番組で紹介してきた1000冊以上の中から厳選した50冊を掲載しており、さらにその中から、杏が今回「やっぱりこれでしょ」と選んだ1冊は『武士の娘』(筑摩書房)。

:この本から派生して、さらに数冊、いろんな本が出ていたりとか。そもそも明治時代に書かれた開国後の英語の本なんですね。明治維新で瓦解して、お家が存続するしないで、社会のスタイルが変わっていった中で、昔のスタイルで武士の娘として育てられた人が、アメリカに渡って英語で書いて、それが日本語に翻訳されて帰ってきた。当時も世界的ベストセラーになったのですが、世代を超えて読まれている象徴的な本なのかなと思って、持ってきました。新渡戸稲造の『武士道』もそうですけど、この2冊が当時の日本を象徴するツートップといっても過言ではないかと。

また、相関図を書きながら幕末の本を読む杏の読書スタイルを紹介し、持参した本を観客に見せると「すごい」とどよめきが起こります。「これは誰にも売らないし、渡さないから書いちゃっていいか、ということで」と杏が言うと、大倉は「これを見せられたとき、私は開いた口が塞がらなかった。『なんてことするんだろう』って。こういう人なんですよ」と語りました。

■大倉は「流行る前」の本をみつけるのが得意!

一方、大倉は「私が紹介する本はいつも早すぎるんです」という一言を添えて、『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社)を紹介しました。

大倉:この本、現在は絶版になってるんです。2009年に『スラムドッグ$ミリオネア』というタイトルで映画化されて公開されましたけども、アカデミーも受賞しましたよね。原作が出たのは2006年なんですよ。この本を紹介したのは2008年で、「BOOK BAR」が始まってすぐですね。最初、新聞の書評で読んで「ものすごく面白そうだ」と思って、すぐ書店に行ったんですけどなくて、アマゾンでも売り切れで。ランダムハウス講談社に直接電話して、取り寄せて読んで。「こんなに面白い本が世の中にあるのか」と思って。当時は少し売れたんですけど、爆発的に売れまくった感じではなかった。「この本は本当に面白いから」といってたら、映画化されてアカデミー賞とっちゃって。「これ、俺が最初に見つけたんだけど!」というのを、この場を借りて一言申し上げておきたいなと。

これに対して杏は、「他にもあるんですよね。大倉さんが早めに紹介していたんだけど、それが忘れられたくらいにバーンと世の中に出てくるみたいな」と言うと、観客から拍手が起こります。大倉は「昔からある本も紹介したいのですが、なかなか手に入りづらい本も増えてしまっているので、ちょっとためらわれるんですね。そういうこともあって、新しくて面白い本はできるだけ早くとりあげる。早すぎちゃうかもしれないけど『みんなついてきてくださいね』という気持ちで紹介しているんです」と、改めて番組で選ぶ本への思いを明かしました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BOOK BAR」
放送日時:毎週土曜22時−22時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/bookbar/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。