体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『奥大山のブルーベリーヨーグリーナ&サントリー天然水』フレーバーウォーター売上NO.1の人気商品にブルーベリー味が新登場!

2015年に発売され、「透明なのにヨーグルト味のドリンク!?」と驚かされた「ヨーグリーナ&サントリー天然水」から『奥大山のブルーベリーヨーグリーナ&サントリー天然水』が新発売。正直、ヨーグルト×ブルーベリーはよくある組み合わせで、マッチすることは周知の事実。気になるのは、どんなバランスで、どんな風味で、どんな後味か…というドリンクの全容だ。

透明なのにヨーグルト味?無果汁なのにブルーベリー味?

サントリー食品インターナショナル『奥大山のブルーベリーヨーグリーナ&サントリー天然水』(550ml・希望小売価格 税抜131円・2018年3月6日発売)は、近年注目を集めるフレーバーウォーター界で、2015年から3年連続売上NO.1を誇る「ヨーグリーナ&サントリー天然水」に、ブルーベリーエキスを加えて仕上げた期待の新製品。

ちなみに『「ヨーグリーナ&サントリー天然水」は透明なのに、なぜヨーグルトの味がするのか?』という疑問についておさらいすると、答えは牛乳由来の透明素材である“ホエイ(乳清)”を使用しているから。“ホエイ”は、ヨーグルトを開封したときに見られる透明の上澄みで、これによってヨーグルトや乳酸菌飲料のような味わいに仕上げているのだ。

『奥大山のブルーベリーヨーグリーナ&サントリー天然水』に使用しているブルーベリーは、奥大山の指定農園産の果実のみ。だが、よくよく見れば「無果汁」の文字。『無果汁なのにブルーベリー味とはどういうこっちゃ!?』と、またまた頭が混乱してしまう。

 

こちらの答えは、果汁ではなく甘酸っぱい味わいと香りのみを抽出した成分(エキス)を使用しているから。「果汁」をオシャレに言い換えたものが「エキス」なのかと思いきや、それらは全く別物なのだった。

 

「ヨーグリーナ&サントリー天然水」も乳酸菌量が25%アップ!

今回『奥大山のブルーベリーヨーグリーナ&サントリー天然水』の発売に合わせて、「ヨーグリーナ&サントリー天然水」(540ml・希望小売価格 税抜124円・2018年3月6日発売)も乳酸菌を25%アップ。よりヨーグルトの風味を強く味わえるようにリニューアルしたという。

ボトルは通常のペットボトルよりも柔らかく、冷凍兼用ボトルなので夏に向けていろいろなシーンで活用することができる。

これを機に「ヨーグリーナ&サントリー天然水」も味わい直してみると、やさしくもしっかりとしたヨーグルトの甘さ。従来のヨーグルトドリンクと比べてサラリとスッキリしているので、氷を入れてもOK!これからの季節、喉を潤すのに最適だ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。