体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】世界的な大ヒットとなった『グレイテスト・ショーマン オリジナル・サウンドトラック』が19,984枚を売り上げ111枚の僅差でアルバム・セールス首位獲得

【ビルボード】世界的な大ヒットとなった『グレイテスト・ショーマン オリジナル・サウンドトラック』が19,984枚を売り上げ111枚の僅差でアルバム・セールス首位獲得

 前週総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”でダウンロードが牽引する形で総合首位を獲得した『グレイテスト・ショーマン オリジナル・サウンドトラック』が、今週の週間アルバム・セールス・チャートでも首位を獲得した。

 今週はトップ5までが約5千枚差でひしめく大混戦の同チャートとなったが、映画とサントラの世界的な大ヒットが影響したか、本作がフィジカルでも首位に躍り出た。111枚の僅差で同2位となったのは、『うたの☆プリンスさまっ♪Shining Masterpiece Show リコリスの森』。こちらは初動3日間で11,820枚、初週累計で19,873枚だった。

 コンスタントな売り上げを続けるWANIMA『Everybody!』。今週は3,958枚セールスで同15位、累計で210,060枚となり、21万枚を突破している。また、Sexy Zone『XYZ=repainting』は3,091枚で同21位、累計で140,554枚と、こちらは14万枚を突破した。

◎Billboard JAPAN Top Albums Sales
(2018年2月26日~3月4日までの集計)
1位『グレイテスト・ショーマン オリジナル・サウンドトラック』オリジナル・サウンドトラック 19,984枚
2位『うたの☆プリンスさまっ♪Shining Masterpiece Show リコリスの森』一十木音也(寺島拓篤)、一ノ瀬トキヤ(宮野真守)、神宮寺レン(諏訪部順一)、愛島セシル(鳥海浩輔) 19,873枚
3位『I』JUJU 16,437枚
4位『私を染めるiの歌』CHiCO with HoneyWorks 15,203枚
5位『AND』倖田來未 14,859枚

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】倖田來未『AND』が11,827枚を売り上げ現在首位 続く2位うたプリと超僅差
【ビルボード】星野源『ドラえもん』が140,318枚を売り上げシングル・セールス首位獲得
SHINee新曲「From Now On」が『COUNT DOWN TV』にランクインして話題に! Twitterでの注目度が急上昇

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。