体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【憧れシゴト図鑑】 乃木坂46『インフルエンサー』などを手掛ける注目の振付師&ダンサー・Seishiroさんインタビュー

【憧れシゴト図鑑】 乃木坂46『インフルエンサー』などを手掛ける注目の振付師&ダンサー・Seishiroさんインタビュー 【憧れシゴト図鑑】 乃木坂46『インフルエンサー』などを手掛ける注目の振付師&ダンサー・Seishiroさんインタビュー 【憧れシゴト図鑑】 乃木坂46『インフルエンサー』などを手掛ける注目の振付師&ダンサー・Seishiroさんインタビュー

乃木坂46のミリオンヒット曲『インフルエンサー』といえば、昨年の『日本レコード大賞』『紅白歌合戦』でも大いに話題を呼んだ。この曲が多くの人を魅了する1つの要因に、インパクトのあるパフォーマンスがある。両腕を複雑に駆使するこの振付は、「グループ史上最高の難易度」と称された。それを担当したのが、振付師であり、自身もダンサーとして活動するSeishiroさん。そのダンスに賭ける熱い想いを聞かせてくれた。

ダンスに人生を賭けると決め、バイトで50万円貯めて東京へ

Seishiro「邪浄朱仏」@En Dance Studio SHIBUYA

 

――10代のころは自身のセクシャリティに悩み、そんなときに出会った1本の番組が、彼の人生を大きく動かした。

「私の家は6人兄弟で女性が多かったこともあり、小さいころから姉たちと女の子の遊びをして育ちました。だから、物心付いたころから、自分の恋愛対象が男性であることに気づいていたんですね。でも、私の地元は田舎のほうで、人間味あふれる土地柄ではあったけど、反面、“男とはこう”みたいな固定概念が強くて…。当時の私は、カミングアウトする気もなく、ゲイであることを隠していました。だから“まだ彼女できないの?”“もしかしてゲイ?”という何気ない言葉もストレスに感じてしまい、“いつか、この窮屈な場所から抜け出したい”と思いながら、本当の姿を見せられる居場所を探していたんです。

中学3年生のころだったかな、『ワンナイR&R』というバラエティ番組を見ていたとき、ガレッジセールの2人と宮迫博之さんが、Destiny’s Childの『Lose My Breath』を踊っているのを見て、大爆笑したのが初めてダンスに興味を持った瞬間でした。それからは地元のスポーツセンターのダンス教室に通い始めて、レッスン代を稼ぐため、通信制の高校に進学しながら、建築業や水泳インストラクターなど、さまざまなバイトを掛け持ちしていました。

20歳のころ、音楽関係の仕事をしている方と出会って、“君はここにいるのはもったいない。もっと広い世界を見たほうがいい”って言われて。地元での自分のセクシャルについて解放したかったし、“いっそこの人生、ダンスに賭けてみるのも悪くない”と、東京行きを決意しました。それからは5カ月間みっちりバイトして、上京するための資金を50万円貯めました。」

振付師のコンテストで最年少優勝を果たす

【憧れシゴト図鑑】 乃木坂46『インフルエンサー』などを手掛ける注目の振付師&ダンサー・Seishiroさんインタビュー

――夢とバイトで貯めたわずかな貯金を抱えて単身東京へ。それが人生にとって大きなターニングポイントとなった。

「上京後はコンピュータ会社のコールセンターでバイトしながら、すぐにダンス教室に通うことに。するとレッスン初日に先生から“自分の代行として生徒たちに教えてくれないか”と言われたんです。突然すぎてビックリしたんですが、当時、地元で学んできたものを評価していただけたみたいで、すごく嬉しく思いました。そこからはダンス講師の仕事が増えていって、さらにはアーティストのバックダンサーの仕事も入るようになったんです。上京から1年でコールセンターのバイトも辞めて、ダンス関連の仕事で食べていけるようになりましたね。初めて自分で振付を考えたのもそのころからで、自分の振付した作品をクラブや動画などで発表し始めていました。」

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。