体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第90回アカデミー賞(2018):受賞結果一覧

oscars-placeholder

3月4日(現地時間)、第90回アカデミー賞の授賞式が開催され、映画『シェイプ・オブ・ウォーター』が作品賞を獲得。監督賞、美術賞、作曲賞とあわせて最多4冠を獲得した。

ジミー・キンメルが2度目の司会を務め、ハリウッドのドルビー・シアターから生中継された。以下に、受賞結果の一覧を紹介する。

作品賞
受賞:『シェイプ・オブ・ウォーター』
『君の名前で僕を呼んで』
『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
『ダンケルク』
『ゲット・アウト』
『レディ・バード』
『ファントム・スレッド』
『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』
『スリー・ビルボード』

主演男優賞
受賞:ゲイリー・オールドマン(『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』)
ティモシー・シャラメ(『君の名前で僕を呼んで』)
ダニエル・デイ=ルイス(『ファントム・スレッド』)
ダニエル・カルーヤ(『ゲット・アウト』)
デンゼル・ワシントン(『Roman J. Israel, Esq.(原題)』)

主演女優賞
受賞:フランシス・マクドーマンド(『スリー・ビルボード』)
サリー・ホーキンス(『シェイプ・オブ・ウォーター』)
マーゴット・ロビー(『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』)
シアーシャ・ローナン(『レディ・バード』)
メリル・ストリープ(『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』)

助演男優賞
受賞:サム・ロックウェル(『スリー・ビルボード』)
ウィレム・デフォー(『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』)
ウッディ・ハレルソン(『スリー・ビルボード』)
リチャード・ジェンキンス(『シェイプ・オブ・ウォーター』)
クリストファー・プラマー(『ゲティ家の身代金』)

助演女優賞
受賞:アリソン・ジャネイ(『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』)
メアリー・J・ブライジ(『マッドバウンド 哀しき友情』)
レスリー・マンビル(『ファントム・スレッド』)
ローリー・メトカーフ(『レディ・バード』)
オクタビア・スペンサー(『シェイプ・オブ・ウォーター』)

監督賞
受賞:ギレルモ・デル・トロ(『シェイプ・オブ・ウォーター』)
クリストファー・ノーラン(『ダンケルク』)
ジョーダン・ピール(『ゲット・アウト』)
グレタ・ガーウィグ(『レディ・バード』)
ポール・トーマス・アンダーソン(『ファントム・スレッド』)

長編アニメ映画賞
受賞:『リメンバー・ミー』
『ボス・ベイビー』
『The Breadwinner(原題)』
『Ferdinand(原題)』
『ゴッホ 最期の手紙』

短編アニメ映画賞
受賞:『Dear Basketball(原題)』
『ガーデンパーティー』
『LOU』
『Negative Space(原題)』
『Revolting Rhymes(原題)』

脚色賞
受賞:ジェームズ・アイボリー(『君の名前で僕を呼んで』)
スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー(『The Disaster Artist(原題)』)
ジェームズ・マンゴールド、スコット・フランク、マイケル・グリーン(『LOGAN ローガン』)
アーロン・ソーキン(『モリーズ・ゲーム』)
バージル・ウィリアムズ、ディー・リース(『マッドバウンド 哀しき友情』)

1 2次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。