体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本にある宿泊できるツリーハウス23選

日本にある宿泊できるツリーハウス23選

皆さんはツリーハウスって知っていますか?木の上にある秘密基地のような家のことなのですが、今、日本全国に宿泊できるものや、飲食店として利用されているものが増えてきているんですよ!

自然と一体になれる感じが多くのファミリーやカップルに人気を呼び、今では予約が取りにくいスポットもあるほどの人気です。今回は、そんな全国のツリーハウスの中でも、特に人気の高いスポット23選をご紹介していきます!

どれも個性的なツリーハウスばかりなので、是非、皆さんも足を運んで、大切な人と素敵な時間を過ごしてみてくださいね。

*編集部追記
2015年11月公開の記事に新たに15スポットを追加しました(2018/3/5)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

1.北海道 ツリーハウスの三部牧場

中村 洋子さん(@youkonakamura2017)がシェアした投稿 – 8月 14, 2017 at 8:21午後 PDT

北海道十勝にある三部牧場内にある、1日1組限定のツリーハウスです。利用可能人数は1人から6人までなので、都会から離れて一人で大自然を満喫するも良し、家族で冒険気分を味わうも良し!

牧場ならではの動物との触れ合いや、バターやピザ作り、ネイチャーツアーなども大人気です。施設内には五右衛門風呂などもあり、都会では経験できないような楽しい時間を過ごすことができますよ。
■詳細情報
・名称:ツリーハウスの三部牧場
・住所:北海道河東郡鹿追町柏ヶ丘16-3
・アクセス:申し込みで送迎ありJR新得駅か鹿追町バスターミナルにて集合。
・定休日:火曜日(11月~12月は水曜日もお休み)、1月~3月は全休になります。
・電話番号:0156-66-2802
・料金:大人一人5,000円、子供2,500円
・オススメの時期:春、夏、秋
・公式サイトURL:http://www.sanbufarm.com/

 

2.群馬県 北軽井沢スィートグラス

Madoka Katoさん(@katomado1982)がシェアした投稿 – 1月 27, 2018 at 12:34午後 PST

「人と自然との調和」を目指し、美しい浅間山の大自然を肌で感じられるようにと作られたキャンプ場です。滑り台が出ていたり、ブランコが付いていたりと、子供の夢を全て詰め込んだような可愛らしいツリーハウスが2種類建っています。ペット可の施設なので、愛犬家も多く訪れますよ。

夏場は森のアスレチックで遊んだり水浴びをして遊び、冬になると雪遊びや暖炉での料理作りを楽しむ、四季折々の自然を体感しながら過ごすことができるスポットです。
■詳細情報
・名称:北軽井沢スィートグラス
・住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
・アクセス:長野新幹線軽井沢駅より車で約35分
・定休日:年によって異なる為、営業カレンダーを参照してください。
・電話番号:0279-84-2512
・料金:10,300円~
・公式サイトURL:http://sweetgrass.jp/

 

3.栃木県 サンタクロースの森 サンタヒルズ

@nekomusume617がシェアした投稿 – 7月 23, 2017 at 3:53午後 PDT

サンタクロースが住んでいそうな森に作られているオートキャンプ場です。ここにある宿泊できるタイプのツリーハウスは5棟建っており、定員は8名。シャワー付きの塔もあり、オールシーズン楽しむことができます。

宿泊以外でも、ゆっくりと寛げるカフェや、可愛い雑貨が揃うお店も入っており、これからクリスマスまでの時期はイベントも多数行われます。日帰りの場合は、女性一人で行っても充分楽しめるスポットですよ!
■詳細情報
・名称:サンタクロースの森サンタヒルズ
・住所:栃木県那須郡那珂川町三輪967
・アクセス:東北道矢坂ICから約30分、東北道宇都宮ICから45分、常磐道那珂ICから約70分
・定休日:不定休
・電話番号:0287-96-4622
・料金:22,000~
・オススメの時期:冬
・公式サイトURL:http://www.santahills.co.jp/

 

4.千葉県 ホウリーウッズ久留里キャンプ村

toshiさん(@surfingattivo)がシェアした投稿 – 9月 16, 2017 at 5:46午後 PDT

まるで魔法がかかっているように美しく、神秘的な森の中に作られたキャンプ場です。都心からも近いので、テレビドラマや映画、CM撮影なども行われています。芸能人がプライベートでお忍びでくる人気スポットでもあります。

きちんと手入れされているけれど、自然の中に調和した造りのツリーハウスは、「千年の森自然学校」の設計、施工で作られました。とにかく自然に優しい施設づくりをしており、ツリーハウスの中は電気も通っていません。明りは電池式のランタンを使用します。

千葉県が発行している子育て支援家庭優待カードのチーパスも使用できるので、毎年家族連れに大人気ですよ。
■詳細情報
・名称:ホウリ―ウッズ久留米キャンプ村
・住所:千葉県君津市芋窪282
・アクセス:木更津東ICより約20分
・定休日:不定休
・電話番号:090-1817-8269
・料金:20,000円~
・オススメの時期:夏
・公式サイトURL:http://holywoodscamp.jimdo.com/総合案内-場内図/ツリーハウス/

 

5.群馬県 ブルームーンヒル牧場

ブルームーンヒル牧場は、谷川連峰を臨む群馬県みなかみ町の大自然の中で動物とふれ合える、環境に恵まれた乗馬クラブです。

また乗馬以外にも、自家焙煎のブレンドコーヒーが楽しめるカフェや、宿泊可能なツリーハウスもあります。
■詳細情報
・名称:ブルームーンヒル牧場
・住所: 群馬県利根郡みなかみ町下牧3014−2
・公式サイト:https://www.bluemoonhill.com/tree-house

 

6.東京都 アメリカキャンプ村

sayamiii☺︎さん(@383_)がシェアした投稿 – 8月 10, 2017 at 10:25午後 PDT

自然の多い奥多摩にある、映画「リング」の撮影に使用されたログハウスがあることでも有名なキャンプ場です。

施設内には大自然の中で体を一杯動かして遊べるアスレチック施設や釣り堀があり、ファミリーに大人気!ここのツリーハウスは冷房完備なので、熱がりな人でも快適に過ごすことができますよ。

年内はメンテナンスの為休業しましたが、2016年は4月25日よりオープンします。東京でキャンプができる数少ない施設なので、気候の良いシーズンは早くから予約で埋まってしまいます。こちらも、芸能人がよくプライベートで利用するスポットです!
■詳細情報
・名称:アメリカキャンプ村
・住所:東京都西多摩郡奥多摩町海沢230
・アクセス:圏央道日の出インターから40分
・定休日:木曜日と冬季
・電話番号:0428-83-2724
・料金:12,000~
・オススメの時期:夏
・公式サイトURL:http://www.アメリカキャンプ村.com/

 

7.長野県 高過庵

Tung Chuiさん(@chuichuntung)がシェアした投稿 – 12月 11, 2017 at 9:13午後 PST

不安定な木の上に建っているように見える「高過庵」は、アメリカのTime誌で「世界でもっとも危険な建物トップ10」にも選ばれたツリーハウスです。この町が故郷の建築家、藤森照信氏が作ったことで話題になりました。

実は中には入ることはできないのですが、ツリーハウス好きの中では必ず見たい作品として有名です。

高過庵の近くには、「空飛ぶ泥舟」という建造物もあります。どちらもジブリの世界に出てきそうなワクワクする魅力的な建造物ですね。わざわさこれだけを見に来るのが頷けるほど、個性的で夢のある建造物達です。

この2つの建物の管理は神長官守矢史料館がしていますので、お問い合わせはそちらにしてくださいね。
■詳細情報
・名称:高過庵
・住所:長野県茅野市宮川389-1
・アクセス:茅野駅から徒歩で40分
・営業時間:9時~16時半
・定休日:不定休
・電話番号:0266-73-7567
・料金:神長官守矢史料館は100円
・公式サイトURL:http://www.city.chino.lg.jp/www/contents/1000001465000/

 

8.静岡県 森の空中基地くすくす

Tobiuonigitaiさん(@daidaidaichannel)がシェアした投稿 – 10月 19, 2017 at 7:24午前 PDT

リゾナーレ熱海の施設内にある「森の空中基地 くすくす」の中には、樹齢三百年を超えるクスノキの上に作られたツリーハウスがあります。12月1日~25日はライトアップもされており、とっても幻想的な景色が広がります。

ツリーハウスは、秘密基地のようにワクワクとさせてくれるような仕掛けがいっぱい!木と触れ合って遊ぶアスレチックは、子供から大人まで楽しめる工夫がされていますよ。
■詳細情報
・名称:星野リゾート リゾナーレ熱海
・住所:静岡県熱海市水口町 2-13-1
・アクセス:熱海駅から送迎バスで20分
・電話番号:050-3786-0055(リゾナーレ予約センター)
・料金:1,000円~
・オススメの時期:春、夏、秋
・公式サイトURL:http://risonare-atami.com/kusukusu/index.html

 

9.静岡県 テラ・憩いの里

高木利之さん(@toshitakagi)がシェアした投稿 – 5月 28, 2016 at 11:36午後 PDT

テラ憩いの里は、日本キャンプ協会にも認定されている、南伊豆先端の小高い山の中に広がる自然豊かな癒しのキャンプ場です。

テントサイト、バンガロー、ツリーハウス、 ティピテント、ログハウスなど様々な宿泊施設があります。
■詳細情報
・名称:静岡県 テラ・憩いの里
・住所:静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂899
・公式サイト:http://teraikoi.com

 

10.鹿児島県 どんぐりのやぐら

深刻な過疎化に悩む地域で何かできないかと計画されて作られたのが、このツリーハウスです。NPO法人ふく松によって運営されています。

子供がのびのびと遊べる施設を目指し「事故は自己責任」という方針の元、禁止事項や縛りを極力減らした自由な空間を目指しています。とても高い場所に造られているので、大人でも怖いと感じてしまうほど。でも、それも含めて大自然と溶け込めるような感覚が人気です。

ツリーハウスクリエーターの小林崇氏に依頼をし、全国でも初めて森林環境税を申請して作られたツリーハウスとしても有名です。
■詳細情報
・名称:どんぐりのやぐら
・住所:鹿児島市田上4丁目4-21
・定休日:不定休随時お問い合わせ下さい。
・電話番号:099-255-5834
・料金:1,000円
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.fukumatsu.org/index.html

関連記事リンク(外部サイト)

悪の戦慄迷宮!香港の安宿「重慶大厦」で、僕が陥ったカオスすぎる罠
宿泊時に使える英語フレーズ25選
早めにホテルを押さえておくべき世界の人気都市5選
旅人がシェアハウスに住むべき5つの理由

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。