体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BiS、7人体制ラストフリーライブで3,000人のファンが熱狂!

BiSが3月3日、プー・ルイ、カミヤサキを含む現在の7人体制で最後となるフリーライブ『BiS FREE WiNTERLAND』を東京・臨海副都心 青海南臨時駐車場J区画にて開催した。プー・ルイ、カミヤサキのラストフリーライブを祝福するかのような晴天のもと、盛大なフリーライブとなった。
3月3日@東京・臨海副都心 青海南臨時駐車場J区画 photo by sotobayashi kenta (okmusic UP's)

会場にSOCiALiSMが響き渡ると、会場内の後方からSOCiALiSMのPVを再現してカミヤサキ運転のもと、 BiSメンバーが乗る車が颯爽と登場し、会場を沸かせた。メンバーがステージに登場すると、「新生アイドル研究会BiSです!」の挨拶とともにステージの幕が上がる。ライブのスタートナンバーは、 BiSの再スタートを飾った「BiSBiS」。大勢の研究員の歓声が上がる。続く「primal.」では、3,000人を超える研究員とともに大合唱で、フリーライブの序盤を飾った。ここで、「フリーライブ、楽しんでますかー!まだまだ盛り上がっていくぞ!!」とペリ・ウブの絶叫とともに、「Give me your love全部」を全力でパフォーマンスする。連続で、「SOCiALiSM」がスタート。3月3日に、無期限トレードが解消となるカミヤサキの「皆さん、楽しんでますか!みんな、愛してるぜ!!!!」の絶叫がライブに強烈な色を添えていき、勢いのまま「I can’t say NO!!!!!!!」へなだれ込む。続いて、「ロミオの心臓」では、現在の7人体制ラストライブを全力で楽しむBiSメンバーの笑顔が印象的な、感動的な場面となった。

ここで、「BiSに来てから、いろいろなことがありました。」とカミヤサキが語り出す。続いて「BiSとして、トレードのこととかBiSのこととか考えすぎて悩んだこともありました。だけど、BiSは、BiSのことを考えただけ私の背中を押してくれました。今日、この場をこんなに晴れやかな気持ちで迎えられると思わなかったので、とてもびっくりしています。今、とても幸せです。悩んでいたことも間違っていなかったんだなと思える音が嬉しいです。2014年のBiSを引きずっていましたが、こうやってトレード期間があったからこそ、自分の中にあるBiSを終えることができたんだと思います。明日からは、“元BiSのカミヤサキ”という枕詞に囚われないカミヤサキとして歩いていくことができそうです。この期間中支えてくれたメンバー、スタッフさん、応援して下さってくれている皆さん。本当に有難うございました。皆さんがいなかったら、この期間、生き延びることができなかったと思います。この後、BiSがどのような形になっても、私は一生、BiSのことが大好きです。これからもBiSとカミヤサキをよろしくお願いします」と挨拶し、最後の曲「BiSの曲は、呪いではなく、魔法でした!愛しています!!n.e.r.v.e!!!!!!」と晴れやかなメッセージを残し、最後の楽曲に進むと、会場が一体となり、お祭り騒ぎとなり、現体制のラストライブの幕を閉じた。

カミヤサキのBiSとしての活動は終了し、3月4日には、ついにツアーファイナルの東京・両国国技館公演を迎え、プー・ルイのBiSの幕が閉じるが、BiSは今後も進んで行く。今後のBiSがどのように大きくなっていくか目が離せない。

photo by sotobayashi kenta

【セットリスト】

1.BiSBiS

2.primal.

3.Give me your love全部

4.SOCiALiSM

5.I can’t say NO!!!!!!!

6.ロミオの心臓

7.nerve
シングル「WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE」
2018年3月7日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

CRCP-10392/¥3,800+税

<収録曲>

■CD

1.WHOLE LOTTA LOVE

2.DiPROMiSE

3.WHOLE LOTTA LOVE instrumental

4.DiPROMiSE instrumental

■DVD

『2017.10.6.「IDOL is DEAD」@赤坂BLITZライブ映像』

01.SOCiALiSM

02.CHANGE the WORLD

03.ぎぶみあちょこれいと

04.Never Starting Song

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。