体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クリステン・ウィグ、『ワンダーウーマン』続編の悪役に出演交渉中

クリステン・ウィグ、『ワンダーウーマン』続編の悪役に出演交渉中

米ワーナー・ブラザースは『ワンダーウーマン』続編の悪役を探しているが、どうやら適任を見つけたようだ。

続編のトラブルメーカーとなる悪役として、クリステン・ウィグが交渉中だと報じられた。エンタメニュースサイト『Variety』によると、ウィグは最も有力な候補だと見られている。契約はまだ何も交わされておらず、スタジオ側はコメントを拒否しているが、同サイトの情報筋によると、ウィグはスタジオの役員と面会したらしい。

ウィグの出演が実現すれば、ガル・ガドットの敵役を演じることになる。ガドットは2016年の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で初めてダイアナ・プリンス(ワンダーウーマン)を演じ、世界的に知名度を上げた。一方ウィグは、コメディ作品でキャリアを築いてきた。サタデー・ナイト・ライブの常連で、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』、『ゴーストバスターズ』、『ウェット・ホット・アメリカン・サマー:キャンプ1日目』への出演で有名だ。とは言え、アカデミー賞にノミネートされた『オデッセイ』のように、シリアスな役も演じられる。

監督は、1作目『ワンダーウーマン』のパティ・ジェンキンスが続投する。あらすじはまだ明かされていないが、”全く新しい冒険になる”とファンに断言している。その冒険の中にウィグの姿を見られることが楽しみでならない。

『ワンダーウーマン』続編は2019年11月1日に全米公開予定だ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ディカプリオとブラピがタランティーノ監督の新作映画でダブル主演!タイトルと粗筋も明らかに
クリス・ヘムズワース、『メン・イン・ブラック』スピンオフ映画の主演を交渉中
『ブラックパンサー』効果で黒猫の引き取り手が急増
ジェニファー・ローレンスが中学中退を告白!「後悔してない」
早くも大人気!『ブラックパンサー』王女シュリに「新しいディズニープリンセス」との声

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。