体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

覚えておきたい!クレジットカードの使い方【超初心者向け】

覚えておきたい!クレジットカードの使い方【超初心者向け】

「クレジットカードをつくったけど、どうやって使えばいいの?」「レジでもたついたらどうしよう」。そんな風にドキドキしているクレジットカード初心者のために超基本の使い方をレクチャー。プロがおすすめするクレジットカードの賢い使い方もあわせてご紹介します。
岩田昭男

消費生活評論家。1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野を中心に活動し、消費生活とクレジットカード研究をライフワークとしている。クレジットカード比較サイト「岩田昭男のカード道場」

クレジットカードの超基本的な使い方

クジレットカードが手元に届いたらするべきことから、実際の使い方までを詳しく見ていきましょう。

 

クレジットカードが届いたら

クレジットカードが手元に届いたら、まずは次の項目をチェック!
クレジットカードを使う前の基礎知識として頭に入れておくべし。

 

●名義と有効期限を確認
クレジットカードの表にローマ字表記で印字されている名義人名が正しいかご確認を。
あわせて有効期限もいつまでなのか、把握しておきましょう。
有効期限は基本的に「月/年」の順番で記されているのでお間違いなく。

●裏面に署名をする
クレジットカードは、裏面の署名欄に署名がないと原則使うことができません。
ここに記入した署名が支払いの際に使用するサインにもなります。
サインと聞くと「英語で書かないといけないかな」と思ってしまうかもしれませんが、普段書き慣れている日本語でOKです。

●名義人以外は使えない
クレジットカードは、たとえ家族であってもカードの名義人以外は使うことができないものです。
つまり、クレジットカードの貸し借りなんてことはNG。クレジットカードは、その名の通り、個人の「クレジット(信用)」をベースにしたカードだという認識を持っておきましょう。

●限度額を確認
クレジットカードで使える金額は、収入や職業などの情報をもとに審査のうえ、個人の信用度に基づいて算出されます。
クレジットカードと一緒に送られてくる書面に記載があるので、いくらまで利用できるのかをしっかり知っておくこと。

●支払い方法を確認する
クレジットカードによって、分割払いやリボ払いなど支払い方法の選択肢は異なります。
クレジットカードの会員規約を確認して、どんな支払い方法を選ぶことができるのかをチェックしておきましょう。

 

【クレジットカードで選べる支払い方法】
●一括払い
1回で利用額の全額を支払う方法。手数料なし。

●分割払い
2回以上に支払い回数を分けて支払う方法。
分割可能な回数はカード会社やカードの種類によって異なり、手数料がかかる(2回払いのみ、手数料がかからない場合も)。

●リボ払い
月々の支払い額を一定額にあらかじめ決めて分割で支払う方法。ただし、残額を元金に実質年率15~18%の手数料が発生する。

 

お店での使い方

© PIXTA

まずは、実店舗での最もベーシックなクレジットカードの使い方を紹介します。

 

自分が持っているクレジットカードでの支払いが可能か確認する。レジ周りに、利用できるクレジットカードのブランドロゴが掲げられている場合もあるが、分からない場合は店員さんに聞く。

店員さんにクレジットカードを渡す。支払い回数を聞かれるので、自分のクレジットカードでできる支払い方法の中から指定する。

金額を確認し、サインあるいは暗証番号を入力(少額の場合、店舗によってはサイン不要なケースも)。サインの場合は、必ずクレジットカード裏面の署名欄と同じサインをすること。

利用伝票の控えを受け取り、口座から利用金額が引き落としされるまで保管。
【もし暗証番号を忘れてしまったら・・・】
万が一、「クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった!」という場合も焦らずに。お店によってはサインへの切り替えで対応してくれるところもあります。
とはいえ、帰宅したら、必ずクレジットカード会社に確認を。ただし、クレジットカードのセキュリティに関わる情報でもあるので、書面での本人確認などが必要となり、暗証番号確認まである程度時間がかかるのは覚悟しておきましょう。

1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。