体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【沖縄】「宮古島」のおすすめ観光&グルメスポット21選!定番名所から穴場まで

池間大橋

宮古島を中心に大小8つの島からなる宮古諸島。周囲をとりまく海は群を抜く美しさで、宮古ブルーと称されるほど。今回は、人気観光地でもある「宮古島」のおすすめのスポットを定番名所から穴場まで、たっぷりとご紹介致します。

沖縄屈指の美ら海が待つ、3つの橋を巡るドライブや魅惑のグルメで宮古島を楽しみ尽くしましょう!

記事配信:じゃらんニュース

1.来間大橋

ぐぅ~んと一直線に来間島へ。

来間大橋全長1690m。開通時は日本一長い農道橋だった

宮古島からのどかな来間島へとのびる橋。来間島は果物の栽培が盛んで、こだわりのカフェも点在する。宮古島に戻る際、左前方に広がる与那覇前浜ビーチの白い砂浜&美しい海の眺めは圧巻だ。 来間大橋(くりまおおはし)

「来間大橋」の詳細はこちら

2.伊良部大橋

美ら海の上を軽快にドライブ。

伊良部大橋船の通り道になる場所は約30mの高さがある

無料で渡れる橋としては国内最長の3540m。青のグラデーションが美しい海にくっきりと映える姿は、2015年に開通すると宮古島屈指の観光名所に。宮古島側の橋のたもとに展望スポットがある。 伊良部大橋(いらぶおおはし)

「伊良部大橋」の詳細はこちら

3.牧山展望台

伊良部島の絶景ポイント。

牧山展望台建物は渡り鳥のサシバをイメージ

伊良部島の最も高い場所に造られた展望台。宮古島や池間島、来間島をぐるりと一望できるほか、海を渡る伊良部大橋も目の前に。周囲には遊歩道があり、森の中の散策も楽しめる。 牧山展望台

「牧山展望台」の詳細はこちら

4.池間大橋

島の北端から池間島へ。

池間大橋全長1425m。風車が並ぶ西平安名崎も眺められる

宮古島に架かる3つの橋のうち、最初に開通したのが池間大橋。何種類ものブルーを重ねた海の表情がことのほか美しい。周囲約10kmの池間島は中央に湿原があるほか、隠れ家的ビーチも見どころに。 池間大橋

「池間大橋」の詳細はこちら

5.島cafe とぅんからや

海ビューテラスで島ごはん。

島cafeとぅんからや屋根付きのテラス席からは海が一望のもと島cafeとぅんからやもずく冷やしソーメン800円は夏限定メニュー

靴を脱いで店に入るくつろぎのカフェ。ランチではもずくや自家製ハーブなど島の食材をたっぷりと使った料理を味わえる。美味プラス眺望も楽しみたければ海を望むテラス席へ! 島cafe とぅんからや

TEL/0980-76-2674

住所/沖縄県宮古島市上野新里1214

営業時間/11時~17時LO※ランチは14時まで

休日/月

アクセス/宮古空港より車で20分

駐車場/30台

6.東平安名崎

細く海に突き出した美しい岬へ。

東平安名崎細長い断崖の先に灯台が立つ東平安名崎津波岩と呼ばれる巨大な岩の塊が散在する風景も見どころのひとつ

宮古島の最東端にある岬で、国指定の名勝。長さが約2kmあり、先端の灯台から太平洋と東シナ海の大パノラマを眺められる。遊歩道沿いには希少なテンノウメが群生し、春はテッポウユリが見頃に。 東平安名崎(ひがしへんなざき)

「東平安名崎」の詳細はこちら

7.PANIPANI

オープンエアのカフェで一服。

PANIPANIクリ~マ・ソーダ480円。来間島の海を彷彿とさせるブルーが印象的 PANIPANI南国の空気が濃密に漂う
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。