体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サカナクション、初ベスト盤『魚図鑑』豪華パッケージ&アートワーク解禁

サカナクションが3月28日にリリースする初のベストアルバム『魚図鑑』のパッケージデザイン及びアートワークを公開した。
サカナクション (okmusic UP's)

注目すべきは魚に関する古い専門書をアートワークのベースとした異色のブックレット。いわば、”魚の図鑑”の上に収録楽曲に関する考察、歌詞や楽曲を相対的に分析したチャート、基礎データなどサカナクションの大量の情報が”魚図鑑”として掲載される、文字通り「魚図鑑」on「魚図鑑」という大胆なコンセプトになっている。

完全生産限定盤プレミアムBOXには200P大判サイズの”魚大図鑑”が封入。特殊な白い配送ボックスに魚大図鑑と3枚組のCDトールケースが梱包される仕様で、某ネット通販を連想させる斬新な形態に。また初回生産限定盤、期間生産限定盤にも96Pの”魚図鑑”が封入。どの形態も精緻を極めたプロダクトデザインとなっている。なお、本作のアートディレクション、デザインを平林奈緒美、エディットを伊藤総研がつとめた。

また、パッケージデザインの公開に合わせてリリース記念のスペシャルサイトも立ち上がった。本作に関する様々な情報が今後もアップデートされていくのでチェックしてほしい。

■サカナクション『魚図鑑』リリース記念スペシャルサイト

http://www.jvcmusic.co.jp/sakanaction/sakanazukan/
アルバム『魚図鑑』
2018年3月28日発売

【完全生産限定盤プレミアムBOX】(3CD+魚大図鑑)

VIZL-1370/¥7,000+税

※スリーブケース付きトールサイズ商品を特製ボックスに梱包した豪華装丁プレミアムBOX仕様

※CD収録内容 +ライブ映像(同時発売の初回生産盤限定盤の特典Blu-ray、DVDと同内容の全20曲約100分のライブ映像)がスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応

(ダウンロード有効期限:2019年3月31日まで)

※全形態にサカナクションツアー「SAKANAQUARIUM2018」チケット先行抽選予約シリアルナンバー封入。

※本作品は4形態全て生産限定商品となります。メーカーの在庫がなくなり次第、出荷終了となります。

<収録曲>

■Disc 1 浅瀬

1 新宝島

2 夜の踊り子

3 Aoi

4 ルーキー

5 アイデンティティ

6 ライトダンス

7 セントレイ

8 僕と花

9 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』

10 ミュージック

11 モノクロトウキョー

12 Klee

13 表参道26時

14 アルクアラウンド

15 アドベンチャー

16 ナイトフィッシングイズグッド

17 陽炎 –movie version-

■Disc 2 中層

1 ワード

2 三日月サンセット

3 ネイティブダンサー

4 ホーリーダンス

5 なんてったって春

6 サンプル

7 白波トップウォーター

8 夜の東側

9 スローモーション

10 涙ディライト

11 明日から

12 仮面の街

13 エンドレス

14 years

15 ボイル

16 ドキュメント

17 目が明く藍色

■Disc 3 深海

1 潮

2 YES NO

3 ティーンエイジ

4 Ame(A)

5 フクロウ

6 enough

7 mellow

8 映画

9 multiple exposure

10 ネプトゥーヌス

11 シーラカンスと僕

12 開花

13 アムスフィッシュ

14 朝の歌

15 グッドバイ -binaural field recording-(ボーナストラック)

■Blu-ray&DVD

SAKANAQUARIUM ARCHIVE

《EXCLUSIVE DIGITAL LIVE FILM>SAKANAQUARIUM 2009 “シンシロ” FINAL@PENNY LANE 24》

・アドベンチャー

・ネイティブダンサー

《1st LIVE Blu-ray&DVD》

SAKANAQUARIUM 2010 (C)

・21.1

・明日から

・表参道26時

・目が明く藍色

《1st LIVE Blu-ray & DVD》

SAKANAQUARIUM 2010 (B)

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。