体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

洋服店の鏡の裏は「秘密のBAR」へとつながっていた。

洋服店の鏡の裏は「秘密のBAR」へとつながっていた。

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第3回は、定番の夜市散策以外の夜の楽しみ方をご紹介。いま、台北で訪れるべき4軒のBARです。

01.
禁酒時代の隠れ家BAR「Hanko60」

洋服店の鏡の裏は「秘密のBAR」へとつながっていた。

台北を訪れる観光客が一度は足を運ぶエリア、西門町。その路地裏に「Hanko60」はあります。

かつてアメリカで禁酒令が敷かれていた時代、多くのパブや醸造所は、食料品店や理髪店などの外観でカモフラージュをして営業していたそう。そんな隠れ家的BARを現代風に再現したのがここ。外観はレトロな映画館のチケット売り場のよう。洋服店の鏡の裏は「秘密のBAR」へとつながっていた。

エントランスを抜け店内に入ると、まず視界に飛び込んでくるのが、「如醉如夢」のネオンサイン。「夢を見るように酔いしれる」というその意味の通り、ズラリと並んだお酒とムーディな照明。

それはそれは、いい雰囲気。洋服店の鏡の裏は「秘密のBAR」へとつながっていた。

インパクト抜群のオリジナルカクテルは、見た目の斬新さとは裏腹に、計算された繊細な味わい。まさにここでしか飲めない一杯と言えます。

02.
スパイ映画をモチーフにした「Le Kief 菱玖洋服」

洋服店の鏡の裏は「秘密のBAR」へとつながっていた。 英国紳士のマナーを尊ぶエージェントたちが、スーツで過激なアクションを繰り広げる人気スパイ映画『キングスマン』。秘密諜報機関の本部が、表向きは高級スーツの仕立て屋であるという設定そのままに「Le Kief 菱玖洋服」の外観も完全に洋服店。洋服店の鏡の裏は「秘密のBAR」へとつながっていた。

中に入っても洋服店。どこにBARがあるんでしょう?

突き当たりにある電話にご注目ください。洋服店の鏡の裏は「秘密のBAR」へとつながっていた。

なんと、この電話で秘密の数字「0」と「9」をダイヤルすると、一面鏡になっていた隠し扉がオープンする仕組み!(店名の一部である「菱玖」は台湾語の「喝酒(酒を飲む)」と同じ発音で「れい=0」「ちょう=9」と読む)

洞窟のような廊下を抜けると、現れるのはまさに秘密の空間。洋服店の鏡の裏は「秘密のBAR」へとつながっていた。洋服店の鏡の裏は「秘密のBAR」へとつながっていた。洋服店の鏡の裏は「秘密のBAR」へとつながっていた。

カクテルを楽しんだ後、最後に案内される出口も専用の隠し扉。映画ファンならずとも、このワクワク感を是非味わってみてください。

03.
台湾クラフトビール界を牽引する「SUNMAI」

洋服店の鏡の裏は「秘密のBAR」へとつながっていた。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。