体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディカプリオとブラピがタランティーノ監督の新作映画でダブル主演!タイトルと粗筋も明らかに

ディカプリオとブラピがタランティーノ監督の新作映画でダブル主演!タイトルと粗筋も明らかに

クエンティン・タランティーノが監督する次の映画は、シャロン・テート殺害事件に少なくとも何らかの関わりがある内容だが、同作のタイトル『Once Upon a Time in Hollywood』(原題)と、何とレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットがダブル主演することが発表された。

「タランティーノ監督は新作の粗筋をこう語っています。『舞台は1969年のロサンゼルス。ハリウッドはヒッピーの全盛期にあった。ストーリーの主役となる2人は、かつて西部劇のテレビシリーズのスターだったリック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)と、リックのスタントを長年務めているクリフ・ブース(ブラッド・ピット)。2人とも、変貌したハリウッドで活躍できず苦労している。しかし、リックには非常に有名な隣人がいた……シャロン・テートだ』」

シャロン・テートとは、チャールズ・マンソン率いるカルト集団「マンソン・ファミリー」のメンバーに惨殺された女優だ。テート役はマーゴット・ロビーにオファーされていると報じられているが、実現すれば、ディカプリオとは映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』以来の共演となる。

トム・クルーズの出演も検討されているというが、今回の発表では名前が挙がっていないため、オファーを承諾したか否か、それともまだ交渉中なのかは不明だ。エンタメサイト『Collider』によれば、タランティーノはアル・パチーノを念頭に置いた脇役を設定しているとも報じられているが、正式な情報はまだ入っていない。

タランティーノはプロジェクトに関して、プレスリリースで次のように話している。「本作の脚本執筆に5年もかけてきましたし、私は7歳だった頃の1969年も含め、人生の大半をロサンゼルス郡で過ごしています。今とは全く違うLAとハリウッドを舞台としたこのストーリーを届けられるのが本当に楽しみです。リック役とクリフ役にディカプリオとピットという強力なコンビを迎えられて最高です」

ブラッド・ピットは『イングロリアス・バスターズ』で、ディカプリオは新境地に挑んだ『ジャンゴ 繋がれざる者』で、それぞれタランティーノと組んだことがある。

『Once Upon a Time in Hollywood』は2019年8月9日に世界公開予定だ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

クリス・ヘムズワース、『メン・イン・ブラック』スピンオフ映画の主演を交渉中
『ブラックパンサー』効果で黒猫の引き取り手が急増
ジェニファー・ローレンスが中学中退を告白!「後悔してない」
早くも大人気!『ブラックパンサー』王女シュリに「新しいディズニープリンセス」との声
クリス・エヴァンス、ブラック・ウィドウ単独映画が着実に進行中であることを示唆

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。