体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミッツ・マングローブ、「東京タワー」MV公開

ミッツ・マングローブが1月24日(水)にリリースした、6年ぶり3枚目のニューシングル「東京タワー」のMVを公開した。作詩・作曲を作家の五木寛之が手掛けた同曲は、昭和という時代へのノスタルジーが詰まった懐かしい歌謡曲に仕上がっている。
ミッツ・マングローブ (okmusic UP's)

「東京タワー」のMVは、再生中の歌詞が美しくビジュアライズされるスピーカー・Lyric speaker(リリックスピーカー)とのコラボレーションで制作。リリックスピーカーは、2017年に音楽ファンの心をくすぐる一品として「Billboard Gift List 2017」に選出され、数々のアーティストが愛用していることでも話題の製品で、再生中の楽曲の歌詞を自動でグラフィカルに表示し、世界初の“歌詞を楽しむスピーカー”として発売されている。五木寛之の歌詞と、昭和歌謡を感じさせる楽曲をさらに深く体験できる今回のコラボレーション。言葉が生き生きと映し出されるMVで、歌詞とアーティストと作家の想いをじっくりと堪能してほしい。

また、3月3日(土)放送のTBSラジオ「Fine!!」には、五木寛之とミッツ・マングローブがゲストとして登場。昭和という時代、歌謡曲への愛情、そして「東京タワー」完成までの秘話を語る。二人がメディアで共演するのは初めてのことなので、MVと併せて要チェック!
■TBSラジオ「Fine!!」(朝3:00~5:00放送)

https://www.tbsradio.jp/fine/
シングル「東京タワー」
発売中

COCA-17411/¥1,204+税

<CD収録曲>

1.東京タワー(作詩:五木寛之/作曲:立原岬/編曲:兼松衆)

※NHKラジオ「深夜便のうた」(1月〜3月)

2.かえしてYOKOHAMA(歌:ミッツ・マングローブ with 星屑スキャット/作詩:五木寛之/作曲:石黒ケイ/編曲:兼松衆)

3.東京タワー(Instrumental)

4.かえしてYOKOHAMA(Instrumental)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。