体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「スヌーピー・ファンタレーション」に行ったらホワイトデーのお返しが決まった

みなさん、バレンタインデーのお返しはもう用意しましたか?恋人から、友達から、家族から、はたまた最近流行りの自分から自分へ…そんな愛の祭典から早1ヶ月。もらった気持ちを「おでかけ」という形でお返しするのはいかがでしょうか?

  3月1日(木)〜19日(月)松屋銀座8階イベントスクエアにて開催しているスヌーピー×おもしろサイエンスアート展「スヌーピー・ファンタレーション」 入り口では今回の展示会の仕掛け人でありアーティストの大谷芳照氏インタビュー映像とスヌーピーが設計したという大きなロボット「ビーグル・ロボ」が来場者をお出迎え。 目が…

光った!!!!

どこか懐かしい形のビーグル・ロボの熱烈歓迎を受けて中へ進むと、アート作品になったピーナッツの仲間たちが! 進むにつれてどんどん進化していくスヌーピー。

まるでアーティスト大谷芳照氏の頭に入ったかのようなラフスケッチアイデアの山が…そしてどれも可愛すぎる!ついつい魅入ってしまいます。

スヌーピー・ロボのキレキレダンスを見よ!

どこからともなくディスコのような音楽が…

そこにはブルーノ・マーズを彷彿とさせるノリノリのダンスを披露する「ダンシング・スヌーピー」ロボ。開発協力は愛知工業大学。この他にも全く違うタイプの2体のスヌーピーロボットが展示されています。

大迫力の4Dアートを体感せよ!

さらに会場中央には、巨大なスヌーピーの絵が!

しかし近くで見てみると…

こ、これ全部4コマ漫画!?

「ピーナッツ」の原作者チャールズ・M・シュルツ氏の4コマ漫画を通り抜けられる圧巻の4Dアートを是非体感してください!

あっ!と驚くトリッキーなスヌーピー

ん?こんなところに紙くずの山? よく見るとスヌーピーの形に切り抜かれてる…

紙くずの山にライトが当たった瞬間、スヌーピーの影が現れた!これには思わず「わ!」と無邪気に声を上げてしまいました。

アートと一体化せよ!

お次はマジックシャドーという体験型の展示

スヌーピーのぬいぐるみの影を自分の影で触るとハートの影絵が現れたり、あちこちに飛び回るウッドストックの影絵が自分の影に止まったり…驚きがつまった展示ばかり!これはお付き合いしてる人と、友達と、お子さんと!盛り上がること間違いなしです!

そして出口付近では8人のアーティストによって今回の展示会のために新しく作られたスヌーピーアートがお見送りをしてくれます。

スヌーピーファンにはたまらない!限定グッズも充実

展示会を出るとお土産売り場が!

約350アイテムにも及ぶという「スヌーピー・ファンタレーション」限定のグッズや、かわいいスヌーピーグッズがこれでもかと並べられているので、お土産に悩む悩む…

帰りの時間は余裕を持って見ておいた方がいいかもしれません…

ホワイトデーのお返しに

見て、体験して、全方面で楽しめるこのイベント。展示会場は写真を撮ってもOKなので、「楽しい思い出を残す」というお返しを大切な人へ贈ってみてはいかがでしょうか。

入場料は一般1000円、高校生700円、中学生500円、小学生300円(全て税込)

10時から夜の20時までやっています。入場は閉場の30分前まで!最終日の3月19日は17時閉場なので要注意です!ちなみにお土産会場はチケットがなくても入れるので、お近くに来た際に覗いみてはいかがでしょうか?

そしてそして「都内か〜行けないな〜」なんて思ったそこのあなた!

松屋銀座で開催している第一弾の東京展が終わった後は、名古屋、大阪、広島ほか全国へ巡回する予定なので、お近くの展示会の予定を是非チェックしてみてくださいね!

公式HP(https://sn-fantaration.snoopy.co.jp) Pen(ペン) 2016年2/15号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。