体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「スヌーピー・ファンタレーション」に行ったらホワイトデーのお返しが決まった

みなさん、バレンタインデーのお返しはもう用意しましたか?恋人から、友達から、家族から、はたまた最近流行りの自分から自分へ…そんな愛の祭典から早1ヶ月。もらった気持ちを「おでかけ」という形でお返しするのはいかがでしょうか?

  3月1日(木)〜19日(月)松屋銀座8階イベントスクエアにて開催しているスヌーピー×おもしろサイエンスアート展「スヌーピー・ファンタレーション」 入り口では今回の展示会の仕掛け人でありアーティストの大谷芳照氏インタビュー映像とスヌーピーが設計したという大きなロボット「ビーグル・ロボ」が来場者をお出迎え。 目が…

光った!!!!

どこか懐かしい形のビーグル・ロボの熱烈歓迎を受けて中へ進むと、アート作品になったピーナッツの仲間たちが! 進むにつれてどんどん進化していくスヌーピー。

まるでアーティスト大谷芳照氏の頭に入ったかのようなラフスケッチアイデアの山が…そしてどれも可愛すぎる!ついつい魅入ってしまいます。

スヌーピー・ロボのキレキレダンスを見よ!

どこからともなくディスコのような音楽が…

そこにはブルーノ・マーズを彷彿とさせるノリノリのダンスを披露する「ダンシング・スヌーピー」ロボ。開発協力は愛知工業大学。この他にも全く違うタイプの2体のスヌーピーロボットが展示されています。

大迫力の4Dアートを体感せよ!

さらに会場中央には、巨大なスヌーピーの絵が!

しかし近くで見てみると…

こ、これ全部4コマ漫画!?

「ピーナッツ」の原作者チャールズ・M・シュルツ氏の4コマ漫画を通り抜けられる圧巻の4Dアートを是非体感してください!

あっ!と驚くトリッキーなスヌーピー

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。