体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

毎日を少し変えれば将来が大きく変わる――20代に伝えたい50のこと

年齢を重ねると、「20代のときにこうしておけばよかった」と後悔したり、「20代でああいう行動をとったからこそ今があるのだ」と振り返ったりすることが多くなります。

ただいずれも、渦中にいるときにはなかなか気づけないもの。「今のままじゃいけない気はするけれど、かといって何をすればいいのかわからない」「夢や目標も浮かばない」と悩んでいる20代ビジネスパーソンは多いのではないでしょうか?

そんな20代に是非お勧めしたいのが、先日発売された書籍『20代に伝えたい50のこと』。

著者の秋元祥治さんは、1979年生まれの38歳。大学在学中の2001年、21才で地域活性化に取り組みたいとNPO法人G-netを創業し、中小企業支援と若者をつなぐ長期実践型インターンシップ事業を立ち上げるなど活躍。2013年からは、岡崎ビジネスサポートセンター(OKa-Biz)のセンター長に就任し、愛知県岡崎市内外の中小企業や起業家に対する産業支援を行っています。

そんな秋元さんが、「38歳になった僕が、20代の自分自身に伝えたいことをまとめた」のが本書。無理に高い目標や大きな夢を持つのではなく、毎日の行動や習慣を少し変えるだけで、30代の自分ががらりと変わる――そんな「自身が20代のころに知っておきたかったと思うこと」を50項目挙げ、紹介しています。

今回はその50の中から一部を抜粋し、ご紹介します。

f:id:itorikoitoriko:20180302145943j:plain

目についたら行ってみる、誘われたら断らない

「自分のやりたいことがわからない」と悩む20代は多いようです。著者の秋元さん自身も、学生時代は「将来は何か面白いことをしたいと口にしながらも、具体的なものはなかった」そうです。

そんなとき、交流会で出会った佐藤孝治さん(ジョブウェブ創設者、現代表取締役会長)に「目についたら行ってみる、誘われたら断らない」ことを勧められたのだそう。それにより、視界が一気に開けたのだとか。

人は知っているものの中、狭い中でしか選択をしないものです。知らないものは、知りようも、選びようもないから。つまり、「知っているものだけの中で、興味や関心の順位をつけている」状態にあるのです。

だからこそ、やりたいことを見つけるには、まずは、【1】知っていることや経験したことを増やして選択肢を広げることが重要。そのためには、目についたものにどんどん参加してみることです。例えば、いままでプログラミングに縁がなかったとしても、初心者向けプログラミングセミナーのポスターが目に留まり参加してみたら、思わぬ興味・関心を持てるかもしれません。友人にものづくりのシンポジウムに誘われて参加してみたら、ものづくりの分野に俄然興味を惹かれるようになるかもしれません。

こうして知っていること、経験したことを増やしたら、それらをもとに【2】自身が選ぶモノサシ(=基準)を持つこと。

モノサシは、さまざまな体験を相対化することによって定まります。「あの仕事はとても楽しかった」「こういう経験はワクワクする」「このジャンルは自分が取り組みたいテーマではないようだ」など。

例えば、どんな仕事がしたいのかわからないならば、できるだけ多くの仕事に触れてみることです。周りに話を聞いたり、プロボノとして社会貢献してみたり、転職活動でいろいろなジャンルの企業を回ってみてもいいかもしれません。多くの人やモノ、仕事と触れ、経験し、その相対化の中で自分のモノサシを定めていく…その中で「自分がピンと来るもの」を選んでいけばいいのです。

年齢を重ねれば重ねるほど、どうしてもフットワークは重くなるもの。自由が利く20代のうちにちょっと腰を上げ、さまざまなことを経験してみるのが、「やりたいことを見つける」シンプルな方法なのです。

気づいたことは、どんどん言葉にしてみる

f:id:itorikoitoriko:20180302145940j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。