体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本格的にビデオ撮影したい人に! 軽量カメラやスマホで使える3軸スタビライザー「Kylin M」

小型カメラやスマホの性能が上がり、かなり高品質のビデオが撮れるようになってきた。

今回紹介する「Kylin M」は、そうしたビデオをよりプロっぽくするのに役立つ、手持ち用の3軸ジンバルスタビライザー「Kylin M」。手ぶれやボケなどが抑制でき、美しい仕上がりを約束してくれる。

・持ち方は2通り

大掛かりなスタビライザーが多い中で、Kylin Mは重さ980グラムとコンパクト。重さおおよそ1300グラムまでのDSLR、ミーラーレスカメラ、アクションカメラ、スマホなどに対応する。

Kylin Mは手持ちタイプだが、キャリーモードと垂直モードでの利用が可能で、あらゆるシーンでの撮影に使える。キャリーモードは低い角度を撮る時に便利で、一方、垂直モードでは高い位置の撮影をするときに活躍する。

・シャッター操作もハンドルで

スタビライザーとしてハード面はもちろん、パラレルバスインターフェースを採用し、ソフト面でも独自のアルゴリズムで撮影をサポートするのもKylin Mの売りだ。

また、専用のケーブルを使うと、ソニー、パナソニック製カメラのシャッターボタンやフォーカス、ズームなどをKylin Mにあるボタンで操作できるようになるのも便利だろう。

Kylin Mは現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中。すでに目標額を達成し、商品化はほぼ確実な情勢だ。

現在、ベーシックタイプが239ドル(約2万5000円)、ソニーまたはパナソニックのカメラコントロール用ケーブルが20ドル(約2100円)となっている。出資はあと1カ月ほど受け付け、4月にも発送が始まる見込みだ。

Kylin M/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。