体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

簡単にまとめ髪アレンジ!くるりんぱの逆ver.ぎゃくりんぱで作るシニヨンアップヘア

くるりんぱの進化系??ぎゃくりんぱシニヨン

簡単に凝ったアレンジのように見せるくるりんぱ。ここ1年~2年大ブームのアレンジでしたが、そろそろ飽きてきていませんか?
そんなあなたにオススメなのが、くるりんぱと逆に回転させる「ぎゃくりんぱ」。下から上へ毛束を通すぎゃくりんぱは毛束が上に持ちあがり、くるりんぱとはまた違ったニュアンスになりますので、新しいアレンジとして楽しめるカジュアルなスタイルです。

ぎゃくりんぱをして、毛先を丸めれば完成のシンプルアレンジ

① 髪全体の表面に波ウェーブを作り、まとめやすいようにクリームタイプのワックスを揉み込みます。(今回は「ミルボンのジェミールフラン クリーム+」を使いました)

② 顔周りのおくれ毛を残してから、後ろに髪を集めポニーテールの要領でひとつにくくります。このとき、少しゆるめにくくってください。

③ ひとつにくくった毛束のヘアゴムの上を裂いて穴を空けます。

④ くくった毛先を穴の下から上へ入れていきます。これがぎゃくりんぱです。

⑤ ルーズ感を出すために全体をほぐしていきます。このとき、ぎゃくりんぱした結び目もシッカリほぐしてください。(ほぐさないとダサく見えちゃいます!)
今回は、結び目部分にリボンのアクセが付いたゴムを付けました。

⑥ これだけでも大丈夫なのですが、毛先をまとめたいので毛先の部分をねじります。

⑦ ねじった毛先をゴムにまとめて丸めます。最後にバランスを見て全体をほぐせば完成です。

このアレンジは、応用でくるりんぱを使ってもGOOD!

髪が短すぎると少しバランスが悪いので、長さによってはこのアレンジはオススメできません(肩付近のボブなど)。最低でも鎖骨以上の長さがあった方がオススメです。
今回のアレンジは、手順もかなり簡単。今回はぎゃくりんぱをしましたが、もちろんくるりんぱを使った応用も利きます。ぎゃくりんぱに慣れておらず難しいという方は、くるりんぱバージョンでもトライしてみてください!!

美容師/中村禎二(Hair Story Novia)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。