体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「割れない刑事」名コンビ再び!山田孝之、小栗旬の絶妙掛け合い

小栗旬さんと山田孝之さんの2人が競演する話題のCM、ザ・割れにくいスマホ「arrows」の「割れない刑事」。前作、「追跡」篇では山田さんがスマホを落として画面が割れてしまい、犯人を取り逃がしてしまいました。

 続編「タレコミ」篇は2月15日から放映中。激しい雨の中で、車から犯人を見張る小栗刑事のシリアスな表情からスタートします。そこへ傘をさした山田刑事が登場。

「あの店にホシがいるらしい。俺は面が割れてんだ。お前、行けるか?(小栗)」

「俺はスマホが割れてんだ(山田)」

「だから何だ?(小栗)」

シリアスな雰囲気の中のコミカルな2人のやり取りに、思わずクスッと笑ってしまいます。最後はホシを目の前にしながら「今から直しに行ってきます!」という山田刑事。小栗刑事は「だからアローズにしろって!」と車から身を乗り出してアドバイスします。

ちなみに、30秒のロングバージョンでは「アローズ?ありがとう」と山田刑事がお礼を言い、小栗刑事は思わず「自分で買え!」とツッこむのです。人気俳優のこの面白やり取り。画面は割れませんが、腹筋が割れそうです。

プライベートでも仲の良い2人が魅せたアドリブ力

CM撮影は、横浜中華街近くの路地で行われました。プライベートでも仲の良い小栗さんと山田さんが作り上げた、シリアスとコミカルが共存した独特の世界観は今回も健在。ご自身だけでなく、お互いの場面も常にモニターでチェックし、一つひとつのシーンにも妥協を許しません。

山田さんの「今から直しに行ってきます!」や小栗さんの「自分で買え!」のシーン、実はアドリブ。何種類ものセリフや動きを演じ、完成に至ったのです。

また、CMを放映する富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社は先月「スマートフォンの画面割れに関するアンケート調査」を実施。すると、4人に1人以上はスマホ画面割れ経験者だったことが判明しました。

そして、スマホが割れている人は「仕事ができなそう」、「一緒に仕事をしたくない」というイメージが。さらに追い討ちをかけるように、スマホが割れている異性は「落ち着きがなさそう」、「付き合いたくない」などの声が挙がっています。

山田刑事は30秒バージョンCMで「スマホが割れていたらカッコ悪いだろ?女の子にモテないだろ」と言い、犯人確保よりスマホ修復を優先していました。その気持ち、分かります。Scawaii!(エスカワイイ) 2016-01-07 発売号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。