体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本武道館の穴場レストハウスでおすすめしたい東京湾で捕れた鯖フライサンド

日本武道館の穴場レストハウスで東京湾で捕れた鯖フライサンドを味わう
日本武道館といえば、皇居外苑北の丸公園内にある施設。名前の通り、剣道や柔道などの武道競技をする場所としても有名ですが、コンサートの聖地としても有名な場所になっています。

日本武道館でコンサートがある日はたくさんの人が訪れますが、この武道館のすぐ近くには、食事などが取れるレストハウスがあります。でも、ここはただの武道館前のレストハウスじゃないんですよ。

「とうきょう特産食材」が食べられるレストハウス

日本武道館の穴場レストハウスで東京湾で捕れた鯖フライサンドを味わう
日本武道館の正面口から少し歩いたところに、佇む1階建の建物が「ザ・フォレスト北の丸」です。武道館でイベントがない時は、それほど混雑はしていないようですが、この日は2PMのメンバー、ジュノのコンサートということでいっぱいのファンが集まっていました。

日本武道館の穴場レストハウスで東京湾で捕れた鯖フライサンドを味わう
店内は、街中の食道といった雰囲気で、あまり洒落っ気などはありません。ちょっと懐かしささえ感じます。座席はテーブルが中心で、90席ほどあるそう。大きな窓があり、北の丸公園の自然を感じることができます。

日本武道館の穴場レストハウスで東京湾で捕れた鯖フライサンドを味わう
このレストハウスでは、種類が豊富なハンバーガーから、オムライスやパスタまで本格的な洋食までメニューは豊富。特に「フォレストバーガー」は、和牛100%とレストハウスとは思えない贅沢さ!

日本武道館の穴場レストハウスで東京湾で捕れた鯖フライサンドを味わう
ハンバーガー以外で絶対に食べておきたいのが、「東京八丈島産」の魚を使ったフィッシュサンドや、メンチカツバーガー。そう、東京の特産食材を使った特製ハンバーガーやサンドが食べられるんです。

日本武道館の穴場レストハウスで東京湾で捕れた鯖フライサンドを味わう
レジにはこのような看板が堂々と置いてありますよ。まさに東京のご当地グルメということですね。

東京ご当地のグルメとはどんなものでしょう?

アジフライならぬ、大きな鯖フライがサンド!

今回はずっと食べてみたかった「東京八丈島産 フィッシュサンド」を注文してみました。注文をすると「これから揚げるのでお時間がかかります」と告げられます。なんと揚げたてのフライを挟んでくれるんですね。これは楽しみです!

日本武道館の穴場レストハウスで東京湾で捕れた鯖フライサンドを味わう
しばらくすると、注文したフィッシュサンドと、アイスラテがやってきました。ドリンクは食事と一緒に注文すればプラス200円で追加できます。

フィッシュサンドを包んだ紙には菊の紋章が…。さすが皇居外苑という雰囲気です。なんだか高貴な雰囲気が漂います。

日本武道館の穴場レストハウスで東京湾で捕れた鯖フライサンドを味わう
紙袋を開けてみると、中からはあふれんばかりの具材が入った大きなサンドが現れました。ごまがたっぷりかかったパンの間には分厚いフライが。こちら、アジフライかと思いきや、実は鯖フライ!なかなか大きな鯖フライを使ったサンドイッチは珍しいですよね。

サンドされた鯖フライは、身がしまっていて、味もしっかり濃厚。野菜もトマトとレタスとたっぷりで、このサンドだけで十分満足できるボリュームでした。

皇居散歩やイベントの際には立ち寄って!

日本武道館の穴場レストハウスで東京湾で捕れた鯖フライサンドを味わう
日本武道館の目の前の庶民的なレストハウスかと思いきや、なかなか本格的な料理を提供してくれる「ザ・フォレスト北の丸」。北の丸公園の散歩の寄り道や、日本武道館でイベントがあるときには、ぜひ立ち寄ってみてください。

そして、東京ご当地のお魚を使ったメニューをいただいてみてくださいね。

ザ・フォレスト北の丸
東京都千代田区北の丸公園1-1
営業時間:8:30~17:00
【ランチタイム 11:00~15:00(イベントにより多少時間に変更がございます。詳細についてはフォレスト北の丸までお問い合せください)】
http://fng.or.jp/koukyo/service/kitanomaru-rest.html

[All Photos by Kaori Simon]
日本武道館の穴場レストハウスでおすすめしたい東京湾で捕れた鯖フライサンド

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。