体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゴスペラーズ・安岡優、お気に入りUKグループは…

ゴスペラーズ・安岡優、お気に入りUKグループは…
J-WAVEで放送中の番組「FRUIT MARKET」(ナビゲーター:横山エリカ)のワンコーナー「JAGUAR LAND ROVER UK SOUND DRIVE」。UK発のゴキゲンな音楽と週末のドライブ情報を伝えるこのコーナー。2月24日(土)のオンエアでは、ゴスペラーズ・安岡 優さんが登場し、THE BRAND NEW HEAVIES(ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズ)について語ってくれました。

安岡さんがセレクトしたUKサウンドは、The Brand New Heaviesの「Dream On Dreamer」。この曲は、1994年のアルバム「Brother Sister」に収録されており、リードシングルのような曲だったそう。The Brand New Heaviesの音楽ジャンルでもある“アシッドジャズ”という新たなサウンドが、当時のUKから生まれた経緯について、安岡さんは以下のように解説しました。

安岡:アメリカでは、HIP HOPやR&Bの時代が来ており、どちらかというと、打ち込みの音、生演奏ではない音が奏でられていたんですけど、それに反応したUKミュージシャンたちが、「そのかっこいいグルーヴを生で演奏しようじゃないか」と。彼らの流儀や音楽性に従って、最先端のグルーヴを生で演奏したところ、化学変化が起こって、“アシッド=酸”が生まれたような。そういう感じで“アシッドジャズ”というものが生まれてきたんです。

安岡さんは、ボーカル・N’Dea Davenport(エンディア・ダヴェンポート)の歌声がお気に入りとのこと。のちにソロになった彼女のニューヨーク公演を見に行ったり、The Brand New Heaviesに復帰したあとの来日公演も、何度か足を運んでいると話しました。

安岡さんがオススメするThe Brand New Heavies、気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか? 次回3月3日(土)のオンエアでは、ニューアルバム「I」が話題のJUJUさんが登場し、お気に入りのUK MUSICを紹介してくれます。こちらもお聴き逃しなく。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「FRUIT MARKET」
放送日時:毎週土曜15時−17時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/fruitmarket/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。