体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EXILE ATSUSHI、帰国後初の凱旋ライブでブルーノ・マーズ日本語カバーを歌唱

EXILE ATSUSHIが、海外留学から帰国後初のソロライブ『EXILE ATSUSHI PREMIUM LIVE 2018』を2月28日(水)3月1日(木)の2日間に渡って、京セラドーム大阪にて開催した。 2年ぶりとなった今回のライブでは、2日間で合計8万人を動員。先日発表されて話題となったブルーノ・マーズの「Just The Way You Are」の世界初の日本語詞カバーの初歌唱も含め、全26曲を熱唱。海外留学で様々な経験を積み、さらに磨きがかかった歌唱力で会場を大いに沸かせた。
EXILE ATSUSHI@京セラドーム (okmusic UP's)

ライブは2ndソロアルバム『Music』に収録された「MAKE A MIRACLE」で幕を開ける。いきなりの爆音特効に会場のテンションは急上昇。「Colorful Love」でもダンサーを引き連れダンスするATSUSHI。普段はボーカリストとして活動するATSUSHIだが、今回のライブでは歌とキレのあるダンス・パフォーマンスでも会場を魅了した。“海外で様々なショーやライブを見て感じた事が、今回のライブにも大きく影響している”というATSUSHIの言葉通りに、スケールアップしたライブステージを披露した。

途中のMCでは、2016年に行なった初めてのソロドームツアーの、声が全く出なかった悪魔の初日が同じ京セラドームだったことに触れて、今回はリベンジ公演でもあると会場を盛り上げながらも、“久しぶりのステージで、思う存分楽しんで、やさしく時には力強く後ろの皆さんにも心に届くように歌います”と今回のライブに懸ける想いを語っていた。そして、EXILEが2018年に再始動することにも触れ“EXILEの楽曲の中で、これまで一度もライブで歌ったことのない曲を披露します”と、ATSUSHIが歌詞を書いたEXILEのアルバム楽曲からバラードを4曲披露。ステージ横のモニターにはATSUSHI手書きの歌詞が映し出され、ATSUSHIの歌声も相まって会場は温かい空気に包まれた。バラード4曲が入っているアルバムは全てミリオンセールスを突破しており、“こうしてこの子達(曲)も日の目を浴びることができました”と感慨深く語っていた。

ATSUSHIが結成したバンド・RED DIAMOND DOGSのギタリストでもあるDURANとともに、弾き語りも披露。このパートではサム・スミス「I’m Not The Only One」、ジャスティンビーバー「What Do You Mean?」、ブルーノ・マーズ「Versace On The Floor」など海外留学で影響を受けたアーティストのヒット曲をカバー。“ここ最近の日本のヒット曲を”と前置きをし、後輩グループ三代目J Soul Brothersの「R.Y.U.S.E.I」も披露し、会場が一体となる。そして、中島みゆきの名曲カバー「糸」をしっとりと歌い上げて柔らかい照明がATSUSHIを照らす中、2014年に発売した自身のヒット曲「Precious Love」を熱唱し、会場はATSUSHIの歌声に酔いしれていた。“最後、みんなで歌いましょう!”と「Choo Choo TRAIN」が始まると会場には銀テープが発射され広い会場を高揚感が満たした。

鳴り止まないアンコールの声に、真っ白い衣装を身にまとい再び登場したATSUSHIは、自身の楽曲「Another World」、「LA LA~孤独な夜に~」を披露。そして、大阪でのライブということで上田正樹の名曲「悲しい色やね」、海外留学中に配信した、故ジョー山中の名曲「人間の証明のテーマ」を続けてカバーする。真っ白いピアノを弾き始め、「道しるべ」を歌い上げ、会場のオーディエンスが聴き入り静寂につつまれると、“最後はこの曲です”と「Just The Way You Are」を初歌唱。世界的な名曲バラードを、ATSUSHIが書き下ろした日本語で美しく優しく力強く歌いあげ、2日間のプレミアムな日本凱旋ライブを締め括った。

海外留学を経てパワーアップしたATSUSHIは、「Just The Way You Are」と海外にて制作を進めた全英語詞の楽曲3曲も収録した、海外留学の集大成ともいえる、超豪華マキシ・シングルを4月11日(水)にリリースする。そして、3月2日は再始動を果たしたEXILEの6ヶ月連続配信の第2弾「Melody」が配信となるので、こちらも併せてチェックしてほしい。

【セットリスト】

M1.MAKE A MIRACLE

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。