体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第58回 アメリカでは社会現象に!公開中のマーベル映画『ブラックパンサー』がすごい!

第58回 アメリカでは社会現象に!公開中のマーベル映画『ブラックパンサー』がすごい!

日本でも公開された『ブラックパンサー』!
アメリカでは社会現象的な大ヒットになっています。

どのくらいすごいかというと
*オープニング金土日の3日間の数字が
 歴代ベスト5となる2億200万ドル強。
 (3日間で2億ドル超えとなる映画は5本しかありません)
*オープニング金土日月の4日間の数字(今回月曜は休日でした)
 歴代ベスト2となる2億4215万ドル強・・マーベル映画史上1位
*公開10日で4億ドル超えは史上2番目・・・マーベル映画史上1位
*公開1ケ月足らずで、
 興行収入トータル4億1171万ドルで、
 すでにマーベル映画史上、歴代3位の大ヒット!
です。

映画自体の素晴らしさもあるのですが、この作品は、初の本格的、黒人アメコミヒーロー映画ということが大きい。
(『ブレイド』という作品もありましたが、あれはどちらかというとホラーアクションなので)
去年『ワンダーウーマン』がヒーロー映画×女性映画という面で注目されたように。
“アメコミ・ヒーロー=白人男性”というのに対し、ワンダーウーマンもブラックパンサーも一石を投じた、と言えるかもしれません。
ブラックパンサーは映画のみならず、コミックにおいても黒人ヒーロー第一号と言ってもいいかもしれません。

BP_sub.jpgチャドウィック・ボーズマン演じるブラックパンサー

マーベルとDCの主な黒人系スーパーヒーローのデビュー年を並べると
1966年:ブラックパンサー(マーベル)
1969年:ファルコン(マーベル)
      *キャプテン・アメリカの相棒。
       なおブラックパンサーは初の黒人ヒーロー。
       ファルコンは初のアフリカ系アメリカ人ヒーローだそうです。
1971年:グリーン・ランタン(DC)
      *銀河のヒーロー、3代目グリーン・ランタンはジョン・スチュワートという黒人です。
1972年:ルーク・ケイジ(マーベル)
      *。銃弾をはねかえす肌を持ったタフガイ。Netflixでドラマ・シリーズ配信中。
1973年:ブレイド(マーベル)
      *吸血鬼ハンター。ウェズリー・スナイプス出演で映画化。
1975年:ストーム(マーベル)
      *X−MENのメンバー。 映画ではハル・ベリーが演じていました。
      *コミックではブラックパンサーと結婚した。
1977年:ブラック・ライトニング(DC)
      *電磁力を操るおじさんヒーロー。日本ではNetflixでドラマ・シリーズ配信中。
1979年:ウォーマシーン(マーベル)
      *アイアンマンの相棒でパワード・スーツを装着したヒーロー
1980年:サイボーグ(DC)
      *機械化人間。映画「ジャスティス・リーグ」に登場。
1993年:スティール(DC)
      *スーパーマンの意志をついだ男が鋼鉄のスーツを着て悪と戦う。
      元プロバスケの選手シャキール・オニール出演で映画化されたことあり。日本未公開。
2001年:ニック・フューリー(マーベル)
      *諜報機関シールドの長官
      *もともと白人キャラでしたが黒人版登場。
       映画ではサミュエル・L・ジャクソンが演じてます。
2011年:スパイダーマン(マーベル)
      *黒人少年マイルズ・モラレス版スパイダーマン
となります。

いわゆる人種差別撤廃の、黒人公民権運動が1964年に実を結びますから、その影響もあって1960年代後半から黒人ヒーローが登場します。

また1971年に、黒人探偵が活躍するアクション映画『黒いジャガー』が大ヒット。黒人映画ブームが起こります。そうした流れに便乗する形で、ルーク・ケイジらが生まれます。

そしていま、ダイバーシティ(多様性)が叫ばれる中、映画『ブラックパンサー』が大ヒットし、黒人ヒーロー映画がブームになりそうです。

ちなみに、僕にとって、最もかっこいい黒人ヒーローが登場したアメコミは、1978年に刊行された「スーパーマン VS モハメド・アリ」という作品。
モハメド・アリは実在の元ヘビー級のボクシング・チャンピオンで、当時絶大な人気を誇っていました。
このコミックでは、地球侵略を企むエイリアンが、自国の最強戦士と地球代表の最高戦士が戦って、もし地球側が勝ったら地球侵略を諦める、と持ち掛けてきます。
そして”地球代表”の座をかけて、まずスーパーマンとモハメド・アリがボクシングの試合をする、、のです。
本物のモハメド・アリもすごかったけれど、このコミックのアリも本当にかっこよかった!

さて黒人女性ヒーローというのも魅力的ですが、
映画『ブラックパンサー』に出てくる主人公の妹で天才科学者でもあるシュリがとてもキュート!
惚れます!(笑)

(文/杉山すぴ豊)

『ブラックパンサー』全国公開中!
©Marvel Studios 2018

WAR0980_TRA_v021_001733.1034.jpg

■関連記事
第57回 GW公開!『レディ・プレイヤー1』の魅力を一挙紹介!
第56回 2018年は、これからのアメコミ映画を担う1年!?
第55回 マーベルとDCの違いってなんだろう?

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。