体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhoneケースに偽装したカメラは底面にレンズ

iPhoneケースに偽装したカメラは底面にレンズ

電源がオフになっているiPhoneが机の上に置いてあっても、誰も不自然には思わないでしょう。しかし、探偵が秘かにターゲットを撮影しているかもしれません。撮影しているのはiPhoneではなくスマホケース。しかも、ケースの底面にレンズがあるため、自分にレンズが向けられているとは夢にも思わないでしょう。

iPhoneケースにマイクとレンズ

iPhoneのスマホケースに擬装したカメラが、SeiTangの「HM52A」です。iPhoneケース自体に、カメラ・マイク・バッテリーを搭載しています。使い方は手持ちのiPhoneにカバーとして装着するだけと簡単です。

カメラのレンズがあるのはケースの底面。スピーカー用に開けられた穴のうちの1つがレンズです。マイク穴も同じくケース底面に設置。周囲の動きに反応して自動的に録画開始&停止をする、動体検知機能も搭載しています。

iPhoneでターゲットを撮影しようとしても、本体カメラレンズをターゲットに向けなければなりません。本体を立てておく必要があるため、こっそり撮影しようとしても周囲にはバレバレです。

iPhoneケースのカメラの解像度

しかし、iPhone本体のカメラレンズが向けられていないと、逆にターゲットの警戒心はグッと下がります。まさにこの心理を利用しているのが、このiPhoneケースに擬装したカメラというわけです。

しかも、3,000mAhのモバイルバッテリーとして使うことも可能。テーブルの上に無造作に置いているように見せかけながら、ターゲットを撮影できるでしょう。オフィスの自分の机を監視するときなどに重宝するはずです。

カメラの解像度は1920×1080ドット(AVI)、記録メディアは内蔵メモリ(8GB)。対応機種はiPhone7/6s/6となっています。サイズ/重さは約136W×63H×19Dmm/約168g。実勢価格は8,560円です。

関連記事リンク(外部サイト)

赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた
カーフィルムは透視できるか実際に試してみた
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。