体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

我が家にもやってきた!スマホで操る「ロボットバーテンダー」。

我が家にもやってきた!スマホで操る「ロボットバーテンダー」。

2016年に上映された映画『パッセンジャー』で、憎めないロボットのバーテンダーが登場したけれど、彼のように自分の好みに合わせて忠実に酒を作ってくれる夢のようなロボットが、海外で実現していました。

1000種類以上はお手の物!

我が家にもやってきた!スマホで操る「ロボットバーテンダー」。

気になる作り方はこちら。

SirMixABot」は、自動でカクテルを作るロボット。動画をご覧のとおり、テキパキッ!という感じではないですが、好みのお酒のボトルを機械の上部にセットすれば(最大10本)、1000種類以上のカクテルを作ることが可能。専用のアプリを使い、各レーンに設置した酒の種類を設定すれば、ボタン一つでレシピどおりにお酒を作ってくれます。

一見、かなり大きくてキッチンに置けるかな?と心配になるけれど、お酒のボトルを並べてインテリアにするように、あえてリビングにセットしてみるものアリかも。

DIYだから手の届く価格帯

このロボットバーテンダーくん、価格は349.99ドル(送料別)。思ったよりも高くない理由は、DIYキットだから。総重量約30ポンド(約14キロ)で、フラットにパックされた状態で届きます。

気になる組み立て方は、こんな感じ。

 我が家にもやってきた!スマホで操る「ロボットバーテンダー」。 外枠を組み立てて、我が家にもやってきた!スマホで操る「ロボットバーテンダー」。 手持ちのドライバーなどで、付属のパーツをつなぎ、我が家にもやってきた!スマホで操る「ロボットバーテンダー」。

たくさんたくさんつなぎ、
色も塗ったりして、我が家にもやってきた!スマホで操る「ロボットバーテンダー」。

好きなお酒のボトルを逆さにして設置すれば完成!

 

組み立て済みのものや、外枠に色つけされたものを希望する場合は問い合わせて!とCEOのBrendanさん。

あの映画のように世間話ができるレベルにはもちろん達していないし見た目は野暮ったいですが、「専属」というあたり、なんだか愛着が湧きそうです。

 Licensed material used with permission by SirMixABot LLC, Instagram, Facebook

関連記事リンク(外部サイト)

さすがMIT。この「ロボットアクセサリー」は、ただ動くだけでは終わらない。
見た目ほとんど栄養補助ドリンク、中身はウイスキー。
「人権を持ったロボット」について、いますぐ考えなければいけないこと。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。