体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安倍総理にも是非読んで頂きたい!「働き方改革」推薦図書

安倍総理にも是非読んで頂きたい!「働き方改革」推薦図書

今、国会で話題の「働き方改革関連法案」。裁量労働制の拡大、副業解禁など「働き方」に大きな注目が集まっております。さらにAIの社会進出など、将来どうやって働いていこうか?働くべきなのか…、「働き方」についていろいろ考えていらっしゃる方、多いのではないでしょか。

そこで今回は、働くとは何か?自分はどんな仕事をするべきなのか…、仕事や自分の適性について思い悩んだ時に、そって背中をおしてくれる、そっと癒してくれる、そんな絵本をご紹介させて頂きます。夜、読んで眠れば、翌日また頑張れること間違いナッシングでございます。


たいせつなこと (ほんやく絵本) ハードカバー
Amazon.co.jpより

「たいせつなこと」(作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:レナード・ワイズガード 訳:うちだ ややこ)

こちらは、1949年にアメリカで出版されて以来、半世紀以上も世界中で愛され続け、多くのひとに読みつがれてきた絵本でございます。日本では2001年に初めて出版されております。「たいせつなこと」とは何かを、やさしく詩的な文章で語りかけてくれる大人絵本でございます。

大人の読者が圧倒的に多い作品でもございます。「スプーンは食べるときに使うもの。でもスプーンにとって大切なのは、それを使うと上手に食べられるということ…。」と始まり、最後は手書きの一文で終わるのですが…。

その一文、翻訳版ではもちろん日本語で書かれているのですが、その文字を書いた人物がなんと!元シブがき隊のモックンこと俳優の本木雅弘様でございます。

というのは、翻訳を担当されているのが、本木様の奥様で、内田裕也様と樹木希林様の御息女、内田也哉子様なのでございます。内田様は、これが初めての翻訳で、外国の小さな本屋さんでこの絵本と出会ったのだとか。

ちなみに、文の担当のマーガレット・ワイズ・ブラウン様は、世界中で長く愛され続けている「おやすみなさい のほん」の作者。100冊以上の作品を残し、最も愛され続けてきた絵本界のレジェンドでございます。


おやすみなさいのほん(世界傑作絵本シリーズ)
Amazon.co.jpより

そして、絵の担当のレナード・ワイズガード様は、マーガレット様とのコンビで知られ、1947年には「リトル・アイランド」で、カルデコット賞を受賞。300冊以上の児童書の挿し絵を手掛けていらっしゃいます。

 

ものには、それぞれ目的や役割があること、自分が自分らしくあることの大切さ。みんな、自分らしくいるだけで十分に存在価値があり、無理して何者かになる必要なんてない、そんなことを考えさせられる絵本でございます。

読めばきっと自分を大切にしたくなること、間違いナッシングでございます。仕事に疲れた時、仕事のことで悩んだ時、優しく寄り添ってくれる大人絵本でございます。

(文:N田N昌)

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。