体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エイプリルフールには「ジョエル・ロブション」の“魚形パイ”を!


3月17日(土)~4月1日(日)の期間、「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」では、エイプリルフールにちなんだ魚形のパイ「ポワソン ダブリル フレーズ」を販売する。

フランスではエイプリルフールを「Poisson d’avril(ポワソン ダブリル) =4月の魚」と言い、魚をモチーフにしたお菓子を食べる伝統的な習慣がある。そのため、フランス国内では毎年4月になると、ショコラトリーやパティスリーの店頭に魚の形のチョコレートやケーキ、パイが飾られる。魚の形のお菓子を食べる他に、現在では魚の形をした紙をこっそり背中に貼るいたずらをしたりもする。

ジョエル・ロブションの「ポワソン ダブリル フレーズ」は、サクサクのパイに今が旬の苺を魚のうろこに見立てて飾りつけたパイ。たっぷりのフレッシュな苺の下に、アーモンドクリームとカスタードクリーム、フランスで普段からよく食べられている野菜の“リュバーブ”のコンフィチュールを合わせ、甘さと酸味のバランス良く仕上げている。

フランスのエスプリの効いたジョエル・ロブションのお菓子で、春の訪れとウイットに富んだエイプリルフールを楽しんでみよう。価格は2160円(税込)、全店で限定80個の販売。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。