体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

奈良美智の”30年の歴史を振り返る”展覧会、村上隆によるKaikai Kiki ギャラリーにて開催

奈良美智

日本を代表するアーティスト・奈良美智の個展「Drawings: 1988-2018 Last 30 Years」が、Kaikai Kiki ギャラリーにて開催する。会期は3月8日まで。

1984年にデヴュー以降30年にわたり、唯一無二な立ち位置でアートシーンに立ち続けている奈良美智。
同展では、奈良美智の学生時代から現在までの30年間を描いたドローイング作品を公開する。これまでの歩みを作品で振り返るとともに、奈良自身とドローイングの関係を表現し、作家としての核の部分を確かめる。

Kaikai Kiki ギャラリー主宰者の村上隆は、奈良を取り扱う理由について、次のようにコメントしている。「今回のKaikai Kikiギャラリーでのレプレゼントによって、奈良美智さんのそのような複雑な想いをどのようにマーケットの中で具現化出来るのかが、テーマであると思っています。具体的に言えば、転売を前提とした業者への嫌悪からの迂回と、今一度、本物のファンとの自然な交流を取り戻せるようにしてゆきたい。そして奈良さんの創造の羽を思いっきり伸ばせるようにしたい。 そんな大志を抱いて、Kaikai Kikiギャラリーは奈良美智をレプレゼントし始めます。」

また、奈良本人も開催に際し「言葉で上手く表現できなかった、いや、言葉よりも描いた方が思っていることを気持ちよく伝えられるはずだ、という独りよがりの確信に満ちて描かれているドローイングたち。それを30年というスパンで展示するのが今回の個展だ」と語り、呼吸をするようにドローイングをし続けてきた奈良美智の30年間を確認することができる展示会となっている。

Drawings : 1988-2018 Last 30 years
Yoshitomo Nara
2018年2月9日(金) – 2018年3月8日(木)
開廊時間 :11:00 – 19:00
閉廊日:日曜・月曜・祝日
Kaikai Kiki Gallery(東京都港区元麻布2-3-30 元麻布クレストビルB1)
http://gallery-kaikaikiki.com/2018/01/yoshitomo-nara-drawings-1988-2018/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。